R&J OBSERVATIONS

2013-06-27 (Thu)レコード屋さん

死語だな。

  

CDショップというのか、イマドキは。

この頃は通販で買うようになっているし、十字屋○岡店、そしてイオン店までなくなっちゃったし。

近くに買える店がなくなってるんやもん、しょーがないよな。

で、有名チェーン店ではなくて、本屋に併設されているちっちゃなお店。よくいく本屋の奥なんやけど、今日までそこにCDが売られているって思ってなかった…。

ビーズのベスト?の手作りPOPが大きく飾られていたけれど、客は私と、中学生と思われる男子だけで寂しいったらない。

7月末に、

歌詞はこの上なく下品で、しかも日本語なのに何を言うているのかサッパリわからないので歌詞の解説本がついてきて、しかもそれが単行本くらいの分厚さになるらしい某バンド」

の新譜が出るので、ちょっと店頭予約をしようかと(店頭予約特典があるらしい)思ったんだけど、その店頭予約特典ってのが☆☆☆太郎(伏字になってないw)のステッカーだっつーから…。

結局、予約せずに帰ってきちゃったw

店員さんに、

「あのー、ホルモンの新譜の予約を…」

って言うだけでも、罰ゲームか、なんとかプレイみたいな卑猥なものを感じる…。

なのに好きだってゆうから、ファン心理とは複雑なものだわぁ。

  

というわけで、久しぶりに足を運んだレコード屋さんでした。