Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

Nolirico Rodriguez 音楽帖

2008-02-12スカスカスカ

Nolirico20080212

基本的に何でも聴くのですが、連日こうも寒いとスカやロックステディがいっそう沁みます。

というわけで、今回はスカやロックステディ。


まずはボブ・マーリーの若かりし頃の音源で


・The Wailing Wailers-simmer down

動画ではなく音源のみ。名曲。

この曲を初めて聴いたのは『Respect to Studio One』というコンピレーション盤でした。

ボブ・マーリーといえば伝説的存在。

それ故に、私には近寄り難さが無きにしも非ずなのですが、この頃の彼の若い声と曲調には、非常に親しみを感じます。

ドカスカいっているような録音の質も、味わいがあってとても良いです。



・終曲 Phew - 坂本龍一 / 1980

これはスカでもロックステディでもありませんが、Phewの珍しい映像だったので。

アレンジは坂本龍一色がとても濃いですね。



ではまた元に戻って

Jackie Mittoo - West Of The Sun (Studio One) Coxsone Dodd

同じく音源のみ。

楽曲そのものはもちろん、ジャッキー・ミットゥー御大の楽器の鳴らし方や扱い方にも惹かれます。

バンドや楽器をやっている人が聴いたら、どう感じるかはわかりませんが。



prince buster - madness (live jools)

そう、実はプリンス・バスターとデタミネーションズのDVDを最近よく見ていたんです(笑)。

デタミネーションズの解散は、かえすがえすも惜しい。

彼らのオーセンティックなスカやロックステディを、そして新曲を、もっともっと聴きたかった。

とはいっても深刻になりすぎるのは良くないので、この曲も聴いていました。

たしか、マッドネスというバンド名はこの曲名に由来していたと思う。



・Madness - Swan Lake

ハイ、ベタな流れでマッドネスの『白鳥の湖』。

マッドネスの白鳥の湖は音だけでも「やみつき度」が高いのですが、この映像は必見です。爆笑もの。

「白鳥の湖」といえばPiLのバージョンもインパクトが強いうえに名曲ですが、

それをヒョイヒョイヒョイと超えたのがマッドネスのバージョンだと思います。



・Pigbag - Papa's Got A Brand New Pigbag

んと、動いているPigbag。アテブリではなかろうかと。


音だけならばこちら↓

・Papa's Got A Brand New Pigbag

http://www.youtube.com/watch?v=gNDccgakPvo&



そしてPigbagといえば、やはりThe Dangermenことマッドネスによるカバー。

・The Dangermen - Pigbag

いやんなるくらいカッコイイ。

前半のアジテーションっぷり、ステージ上での転倒、ちょっと重量感のある体、テンポ、アレンジ+笑い・・・・。

こういうのを「年輪」と呼ぶのかもしれません。ちょっとやそっとではこのアジは出ないんでしょうね。



・miceteeth -トルキッシュコルト

今回のシメはこの曲。これ、どこでやった映像だろう?

踊っておくんなまし。



スカやロックステディが好きなので、「寒いですなぁ」「温かいですな」

「暑すぎてやってられません」と言っては、ちょこちょこ貼り付けると思います。

barongbarong2008/02/13 23:30おおージャッキー先生紹介しようとしてたら先に...w!
自分もstudio oneのジャッキー・ミットゥーのベスト買って感動したクチです。

NoliricoNolirico2008/02/14 01:36お先ごめんあそばせw。ジャッキー先生は沁みますよね。ステキ(はぁと)。
studio oneのアノ音質もイイですよね。