Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

Nolirico Rodriguez 音楽帖

2008-04-20

私の辞書では、Mはマゾを意味するのではなく森村泰昌氏のこと。

そう、4月29日から6月15日まで大阪の国立国際美術館の『液晶絵画』展に

Mが「フェルメール研究 振り向く絵画」を出展。

しかもビデオ・アート。

Mの作品が大好きな私としては、これは何が何でも見に行かなくてはいけません。

Mの作品を見ることは、私にとって体験であり、言葉にあらわせない情動が揺り動かされることであり、大事なものなのです。

さらに同展にはイーノ先生も「ミステイクン・メモリーズ・オブ・ミディーヴァル・マンハッタン」を出展。

イーノ先生とMというカップリングだけでもワクワクしています。

ほかにビル・ヴィオラ、鷹野隆大、やなぎみわ、ヤン・フートンにも関心があります。


・『液晶絵画』2008年4月29日~6月15日 国立国際美術館

http://www.nmao.go.jp/japanese/home.html


というわけで、滑り込みでなんとかハの字の左側が完成できそうです。

来月は何の字にしようかなと考える前に、土曜に何かを書かなきゃいけません。


それから、今頃になって『復刊夜想 ヴァンパイア特集』が欲しくてたまらない。

丸尾末広の書き下ろし、Mの「なにものかへのレクイエム(レーニン)」、

天野可淡「咬みつきたい」の吸血鬼人形と幻のスケッチ、

Vampire Novels Part1、Part2と特集があって、ヴァンパイア映画クラシックスでは

ムルナウのノスフェラトウやベラ・ルゴシも取り上げられているとのこと。

嗚呼・・・・・早く手に入れて読みたい。さっそく明日、買いに行こう。


・『yaso#vampire 夜想 ヴァンパイア』特集 ヴァンパイア

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2007/11/yasovampire.html