Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2007-11-03

[]ゴツイ時計が大好きさ

 そんなわけでオシアナスが欲しかったんですが(いや、レディースラインもあるんですヨ)、エブリデイエブリタイムノーマネー、というか紙切れ(チケットとか)と円盤(CDとか)と謎の液体(化粧品とか)には出費を惜しまなくても、本来女子がもっとも資金を注ぎ込みたいあたりに微妙に吝嗇になりがちな私は、泣く泣くLILANA、の、お高いやつじゃないやつ(婉曲表現)をしかも型落ちを割安で買ったというそういう悲しい思い出。うくく、ステンレスバンドバンザイ! 革って汚れるし、あと私がよく温泉とか岩盤浴とかで時計を外し忘れる(バカだから……)ので、なるべくタフな子じゃないと一緒に暮らしていけないのです。先代の(って今も使うけど)LUKIAとは温泉に共に浸かり(しかも一度や二度ではない)岩盤浴でちょっとフラフラになった仲です。さすがにあの高温高湿度には耐えられず止まりかけてたけど、しばらくしたら復活してました、すごいなSEIKOクオリティ。

 でも電池交換とか要らなくてビバソーラー電波時計! ものぐさクイーン!(クイーンじゃねえ) と今調べたらオシアナスでもたいしてリラーナと変わらない値段なのがあるんですね。でも私が欲しいのソレじゃないから(と自分を納得させ)。つうかオシアナスとリラーナのターゲット層ってそもそも違うのか。リラーナじゃゴツさ足りないんだよな(重さはあるんだけども)。

 でも新しいルキアはなんか好みじゃないなあ……ゴツくないからか。あとデジタル表示になると時間の感覚が飛んでしまうので(バカだから……視覚的に把握できないというか)G-SHOCKとかダメです。防水でもダメです。

 なんとなくダメダメオーラを発しすぎです。昨日の日記もダメ過ぎまちた(失言多すぎだよな※)。ていうか今日もだヨ……。相変わらずの銭ゲバ発言もよしていきたいんだぜ(笑)。

 ※お前の発言自体がイラッとしちゃうのよ、とあとで自分で思いました。いろいろスミマセン。微妙に自分を安全圏においてるあたりも卑怯だと思いました。テッヘ! ←反省してるの?(たぶん)

[]けしてお勧めはしませんが

 『Kurt Cobain About A Son』もDVD出ますヨ。まあ出ないはずがないですけども。私は買いませんけども。

 いろいろ言いたいことはありますが、随所にズキズキッとくる台詞があって、肉声の凄さを思い知りました。多分字面ではズキズキッとこないと思うんで(笑)。映画としてはもうどう評価していいのかわからないんですけど、そもそもそういうところを見る映画じゃないんでしょうし。前にも言ったとおりNHKのドキュメンタリー番組っぽいし(変なたとえ)。

 いやホントになんつうかさ、こういう人に関わっちゃった人ってのは幸せなのか不幸なのかわかんないですよ。ヨメを語るところがなんか意味も無くジワッと。何でかわからんがジワッと。ヨメと子を語るとこなんてもう怒りみたいなものさえ感じたもん、何だよンなこと言うならキッチリ繋ぎとめとけよ自分をよー! ……みたいなな。そんでも手を離さざるを得ないっていうんだったらもう誰にもどうしようもないじゃんよ(この絶望感が常に付き纏う感じ)(ドヨンドヨンモヨンモヨン)。

 もうあのヨメが何しても許せる。と、そのときは思った。何故か。うあー(頭を抱えて)あのヨメだけはよう分からんのだけど! ←ソコは真剣に考えなくてよい

 たとえ生き続けて埋もれちゃったり消えちゃったりしたとしても生きてて欲しかったな。いっこの人間として。なんかもう絶対ありえないって分かってるんだけど、そう思いました。思ってもどうにもならないのが無性に切なかったりしたわけですが。いろんな意味で困る……。

 まあわりと映像とか表に出てくるカートっつー人間を観察してると(というかそれだけでも)「オイオイオイオイ……(※)」とかドン引きがちなとこも多分にあったりしたわけなんですが(笑)、そしていろいろ目を逸らしがちなんですが(私は特に)、なんかいろいろあああーって思った。やっぱこの人のことキライになんてなれないよナー(だからなんでいつもソコに着地すんのかなアソーさんは)。

※最後の……あたりでかなり後ずさり

tataraboshitataraboshi2007/11/04 07:25伝記本「Heavier Than Heaven」読んだら「オイオイオイオイ………………………………………………………………………………」ってなくらいの後ずさりでした。何かすっごい人格者の面と「それって人間としてヤヴァイでしょ」ってな面と両極端で。でも何か憎めないのよねアノ人。

asouyaasouya2007/11/04 15:12後ずさっちゃいますよね……「カート・コバーンという人間については知りたくないんだ音楽だけでいい!」ていう方の気持ちが実はモリモリ分かります。伝記本についてはなんか人の感想を聞くだけでも怖くなったので手を出せませんでしたよううううううう。でも何だかんだいって「でもやっぱこの人のことキライになんてなれないよナー」とか言いそうです。
映画は見てるだけで「危なっかしいヒトだなあ」「(ある種のヒトに)食い物にされちゃうタイプのヒトだなあ」ってのがビリビリ伝わってきましたが、ドン引き要素は少なかったのが救いだと思いました。見る側の好感度にもよると思いますが(笑)。うん、なーんか憎めないですよね。