Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2007-11-19

[]起きたら日付が変わってる

 なんでこんなとこで寝てるんだ……あと今秋(もう冬か)になって立て続けに着られない服が3着も。穴穴シミ。穴許せない。微妙になんとかなるようなならないようなとこ食われるのも許せないしム○ューダも許せない。例のブーツは処分、と……。しかし私の場合服が多すぎて(だがろくな服がない)自分の部屋ごとなんちゃってウォーキングクローゼット化(※)しているのであり、つまり私もクローゼットの内部で生活しているようなものであり、いくら覆いをかけたってこんな広いところを網羅できる強力なム○ューダは存在しない、と言うかそんなのあったら私が真っ先に悪い虫として死んでしまいます。そんな死に方はいやだ。

※ウォークインクローゼットの間違いですヨネ(追記)

[]いや、ヒゲがヒゲなし

 まあいつもの有名どころで。

 ホントにZep好きだよな(ヒゲが)。まあカバーは賛否両論であたりまえなんですが、これに関してはもうご当人以上に弾ける人はいないだろうということで(つか本人も無理だったりするだろうし)、出来とかはどうでも宜しいですがな(私が)。とずっとほったらかしていたのですが、ネタもないことだし貼っときます。

 むしろ後ろのドラムっ子がかわいいのでそっち注目(笑)。

[]そんなヒゲおすすめの1枚2枚3枚(私信)

 そんなわけでヒゲ認識後半年に満たない私がオススメなのは、実は1枚目は「だってあれデイヴのソロじゃん」とちゃんと聴いてなかったりするので除外して(ホントにヒドイ)、

ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ(2枚目)

ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ(紙ジャケット仕様)

ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ(紙ジャケット仕様)

ワン・バイ・ワン(4枚目)

ワン・バイ・ワン(紙ジャケット仕様)

ワン・バイ・ワン(紙ジャケット仕様)

スキンアンドボーンズ(ライヴ盤←エッ。ライヴ盤薦めるの?)

スキン・アンド・ボーンズ

スキン・アンド・ボーンズ

ですかネー。

 ていうか、私が好きなやつだなコレ単純に……。絶対間違ってる。

 しかしフーファイって結局のところデイヴのモチベーションと音楽的なキャパに拠るところが大きいバンドのような気がして、つまり「伸びしろ、小さいんじゃね?」(これ以上たいして変わらないんじゃないか、ってもう10年選手だしその辺考えても)とライヴ映像とか見てて私はちょっと思ったりしたんですよね。良くも悪くもそんなに意外性はないのかなー、確かにとても格好はいいんだけれどもさ、今後エエーってとこはあんまないのカナ(ヒドイこと言ってますよ)、とはじめは思っちゃったんですけれども。でもヒゲがカッコイイからとりあえずCDは買うだろ、と思っていきなり購入。アホの子は直感を疑わない。

 で、私の場合、在庫の事情(笑)でとっかかりが「イン・ユア・オナー」(5枚目)の轟音ロック(※もう一枚が豪華ゲストアコースティック)の方だったので、轟音好きとしては一発でやられてそんなことどうでも良くなったのと、あとそのあとライヴ盤聴いてなんか「お父さんをこえていく男の子見てるみたいだなあ」みたいな感慨を覚えて結局めちゃくちゃハマってしまったのでした(あのひとたち男の子ってトシじゃないが)。

 だから個人的にはライヴ盤は外せません。アコースティック・ライヴはいろいろズルイっす……。

 なんにせよいろいろ吹っ切れたみたいなので(あとパパになったことだし)まだまだ伸びしろはあるような気が(最新アルバムをみてても)します、ウン。なかったら困るけど(ヒドイこというな。笑)。

※ていうか多分コレが既存ファンにはいちばん微妙なのか。でも3曲目までの勢いとかがもうありえないくらい好きです(曲間隔あんまあけずにぶっ続けで聴きます。笑)

あといっこにまとめた記録(昨日忘れてた)(微妙に人格を偽ろうとして失敗している)。こんだけ特化するとそれなりに達成感がありますが、タイトルが最悪です。

[]ココに来て一見ドラマチックな展開ですが

 誰も鹿が逆転優勝なんて思ってないよなー(笑)。

 「ありえないっすよー」と言いながら、サポではないいちファンとしてちょっと信じ……たら裏切られそうでいやなんだけどでも信じてるような。でもいつもの「いいとこで負ける」「ついでにたまに下位も取りこぼす」「レッズとガンバにはもれなく負ける」「主審が相手チームの13人目」みたいなアレをもりもり思い出し、なんかそしたらレッズサポじゃないヒトタチまで都合よく便乗した赤祝勝ムードの中でまたとぼとぼ生きていかんければならず、そんなのイヤー!

 しかしここで信じて応援しよう! とならないのが私が表立ってサポと言い切れない理由のひとつなのでした(※)。三歩くらい引いている。なんか怖いんだなあココに来てレッドダービーってのは。

 ※あとホームに応援に行けないってのも理由(カシスタ遠いし。そんな地元じゃないので) あとゴール裏が怖い(←アッ) 指定!(笑)