Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2007-12-02

[]そういう予想しか当たらない

 カカ様、バロンドール。ってのだけは当たったな……(そんなの予想するまでもない)。なんで様付け……やっぱ美しいから……(笑)。

 野球は長い試合でしたが勝ててよかったですね。古田さんも良かったですね(そこか)。私は昨日から新聞とかテレビとか見るたび幸せです。まあ来年は大変なの分かってるんだけど。は、選手では本山がいちばん好きッス(誰も訊いてないのに勝手に答えました)。

[]このタイミングで

 これ持ってくんのどうかとも思うんだけど、ていうかまあそのへんは全部棚上げでお願いします。

 そういや私も出るとは思わなくてYouTubeからいっしょけんめ拾ってた……。

 しかしアンプラグドは楽しそうでいいよナって、まるでいつも楽しそうじゃないみたいな言い方してるのなんかおかしい(笑)。なにか痛々しさを感じるのもあとづけなんですよね。生で見てるわけじゃないからってのもある……(いや、リアルタイムだったら周辺情報だけで痛々しさ倍増ですから)(ていうかドン引き)。

 まあ↑とはあんま関係ないんだけど例の伝記映画についてちょっと思うところをひとつ(あの、書籍は影響力の範囲が多分相当のファンだけに限られると思うので、あと共通理解が働くような気がする分ちょっと措いとくんだけど。笑)。

 人間誰しも他人が引く要素のいっこやにこやさんこくらいはある(と私は思う)わけで、しかもああいうひとなわけで(笑。でもある意味哀しいくらいフツーのヒトだとも思うけどね)、個々人の付き合いの中でそれを見出してしまう(その結果それを受け入れられるか受け入れられないかってのはまた別の話)、ということで無しにしかも自分が全く関われないところでそれを公表される、別に知ってほしくもない相手(※)に、てのはあのヒト的にはどーなんだろうねえ。赤の他人のバイアスのかかった表現(これは避けられないことかと思う)によってそれが為されるというのは?

 ……と、お金のことについてはあのヨメの自由にしていいと思うし、事実を事実としてだけ捉えるならば(……)彼女がそうする権利は十分あるつうかむしろもう何やってもいいヨと個人的には思うんだけど、もうちょっとなんかちゃんとしたヨメをもらえばよかったのにホントにもう、とかやっぱり思ってしまいますヨ。

 好意的であるとか客観的であるとかそういうの措いといて、それは故人の望んでることなの? というのをちっとも考えてなさげに思えるところがモヤモヤする原因なんだろうか。いや、ちっとも考えてないのかどうかはわかんないですけど(考えてもわかんないヒトなのかもしんないし、そもそも考えないヒトなのかも知んないが←……)。楽曲権利を売却したのは本気でお金なかったからみたいだし(でも60億だぜ……)。

 しかしフツーの経の持ち主ならたった13年だかそこいらしか経ってないのに、積極的にあんな映画なんかに関わるかー(その点同じヨメでもJoy Divisionのイアンのヨメとはでーんでん違うよな。生前の関係がどうだったかってのはまあ措いといて。ていうかあれ原作もヨメだけど)? とはやっぱりちょっと思ったり思わなかったり。あー。なんかもう静かに眠らせてやれよ、って私がそんなこという権利も資格も小指の先ほどもないんですけど。

 ううん、あと15年くらい後だったらまあいいかなって思うかも。

※そこまで知る権利はない、みたいなことは言ってましたよね。だからあの記者にあのバイオ本書かせたんでしょ(生前)? まああのヒトが故人の意志尊重してんのかどうかは知らないが。なんにせよあんなまっすぐな信頼寄せられてたら迂闊なことできないくらいのこと思って欲しいです。そのへんどうもな。ってアバウトアサン観にいったけど。あーあ。

参考:Control

 そのヨメ作の伝記。なんかこっちのヨメのほうが怖い気もするけど。ていうか怖いな確実に。

tataraboshitataraboshi2007/12/02 23:22また喰いついてスミマセン・・・
あの嫁さんはねえ、うーん、カートってロックミュージシャンにしてはドエライ奥手だったみたいだから、それでああいう嫁さんもらったんじゃないでしょうか。女性経験豊富だったら選ばんって(汗)。あのバイオ本は嫁さん擁護の立場に立って書かれてるから、嫁さん的には映画になって公開されるのはありがたいんじゃないかな。私もアレ読んだ時は「嫁さんエエ人やんけ」って思っちゃったクチですもん。別な本を読むと全然違ってて「うげっ」ってなりました。どっちがホントなんだろ?まあ、頭のものすごくいい人ではあるみたいです。IQ140だったかな?

asouyaasouya2007/12/03 00:05あ、むしろアリガトウございます。こんなこと書いてどうすんだろと思い始めてたところです。
うん、わかりますよソレ(←奥手っての。笑)。それにああいうヨメだったのは、あのヒトのあの人生の局面において大分救いというか防御壁にはなってたんじゃないですかね。同時にものすごい負担になってる気もしますが(……)。おそらくヨメにとっても重荷でもあり救いでもあったんじゃないのかなーと思ったりします(ロマンチスト発言)。そういう点ではおっかないくらい必然の選択っぽくないですか。そういうのとくっついたからって幸せになれるわけじゃないと思うんだけども(笑)。
だから別にコートニーをキライというわけではないんです。だってカートの面倒見るの絶対!大変そうですもん。私だったら絶対イヤですもん(笑)。挙句の果てに勝手に死なれたらもっと嫌ですもん。その他いろいろイヤですもん(そんなにいやか)。
ま、裏でナニあったかとかそういうのは(あんま知りたくないし)措いといて、何というかそんでも賢さよりは聡明さとか誠実さを求めたいような気がするわけですよヨメには。死者が食い物にされるのを放置もしくは助長するような行為ばっかかよー、とどうしても思ってしまうので。いや、亡くなった方はもう何も気にしないんでしょうけど。じゃあ誰がそのへん気にしてあげたり守ってあげたりすんのようー。亡くなった後までこうやって切り売りされて。とか思ったり思わなかったり。しょーがないんですけどね! だって!(絶句)
うわ、長い! ごめんなさい!(しかもマジ語り)

tataraboshitataraboshi2007/12/03 00:36(またやって来てしまった)そう、運命のカップルですよねアレって。カートが生きてた頃に、音楽誌でツーショットを見るたびに「一卵性双生児みたいだ」って思ってました(今思うと微妙に違うかもだけど・笑)

asouyaasouya2007/12/03 01:05ええ、それについては全くもって同意ですヨ(運命のカップル)。どうせならもうちょっと幸せにしてあげて欲しかったですけどねえ(またそんなことを)、うん。一瞬でも希望が見出せたんならいいのかな。