Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2007-12-03

123、ですね

 オリヴェイラの誕生日らしいですよ(どうやら12月5日らしい)。鹿サポ(と鹿ファンの私)のみ細々と祝っていきたいところです。

 オリヴェイラってプロ選手経験なくて、ホントに監督専門業だったんだなあ(知らんやった)。わりとアウトゥオリが鳴り物入りでやってきてあの経歴だったので(その割にアレでしたが……いや、まあ)オリヴェイラにはほとんど期待してなかったスマン……やっぱ基本方針とか大事なのですね。ってもうその話題はよせ! つまんないから!(私以外)

 代表監督についてはもうあんな協会は滅びてしまうといい。岡田さんだってまた不愉快な思いするの分かっててわーんお人好し! メガネの男はみんなお人好し!(都合よくまとめるな)

 ところで検索ワード「ヒゲ動画」で引っかかるブログってどうなんでしょうか……ヒゲ動画(いや、確かに「ヒゲ動画」とは書きましたけど)……。むしろ誇っていきたいですが(誇り?)、何と言うか勝手な渾名をつけがちなので気をつけたいです。小笠原(満男)のことを「岩手」とか勝手にヒドイ渾名つけすぎです、え、岩手出身だから……(誰も呼んでない)。

 ヒゲくらい大したことない。多分。だってヒゲだもん。みんな納得だよ、そうでしょ(同意求めんなヨ)?

 ていうか昨日の私がまた気持ち悪かった(笑)。アレー。

[]EMIちゃんとケンカ(ケンカじゃないが)

 何故か今頃こんな記事。3日あわせでもってきたな(穿ってみた)。

 bounceあんま見ないんで今頃気づいたんですけど、ついでにクボケン、いや久保さんのコチラ

 レディオヘッドは前作『Hail To The Thief』を出してからの4年間、戦ってきたんだと思う。その答えが『In Rainbows』なんだろう。なぜCDリリースだけではなく、ただでダウンロードもできるのか? 何故レコード会社と契約しないのか? そこには色々な答えがあるだろう。でも答えは重要じゃない。彼らが色々と考えたことが『In Rainbows』に反映されているということが重要なのだ。

(中略)

 『Hail To The Thief』を経ての新作は、〈『OK Computer』を初期の作品のような感じでやったライヴ感あふれるアルバム〉と噂されていた。でも実際に届けられた『In Rainbows』は、『OK Computer』に漂っていた不安感を脱ぎ払い、『Kid A』の邪悪なダーク感を捨て去った清々しいアルバムだと思っている。正直な気持ち、『Kid A』や『Hail To The Thief』は『OK Computer』を超えられてなかったが、『In Rainbows』は『OK Computer』よりも前進できたアルバムだと思うのだ。一方で、この作品によって『Amnesiac』の偉大さをあらためて実感したような気もしている。

 『Kid A』<『OK Computer』て言われるとなんか凄くホッとします。いや、私がOK好きなだけ。いや、OKよりBendsが好きなんですが。あっ、いつもの堂々巡りだヨこれ。Amnesiacは実はいちばん苦手だったり……今聴けば違うんですかね? 

 今日からjpでもダウンロード始まってますが(そしてボックスも発送されてますが←届くの1週間後くらい? 買ってないけど)。

 私はWiiをおとなしく待ってます。おとーさん、ばかな大人がいるよ。

[]ついでにヒゲ

 久保さんは60回くらい前にヒゲについても言及しているんだけど、これってヒゲをほめてると見せかけてものすごいカート賛歌じゃね? ボックスについても書いてるけど、そういえば私まだあのDVD見てませんでした。なんかおなかいっぱいで見られないッス。

 ああ、ホントにヒゲの歌いっぷりがアレね、カートと別の意味でひとの好みのど真ん中を撃ち抜くセクシーヴォイス(アレをセクシーと受け取るかどうかは多分に好みによると思うが。笑)(今思えば初期の頃の方が顕著でしたね。最近シャウト多いし)で、私ホントはこのトシであんなヒゲにはまったの心からイヤなんですヨ! むしろ再会したくなかったよ! なんなんだよ! ばーか! ←ほんとにかわいそうに。

 でも92年(デスヨね……)のレディング3日目のラインナップとか検索しても引っかかんないですよ(検索の仕方が悪いのか)。WOWOW?放送分だけは把握しました。Pavement、Bjorn Again、L7、Teenage Fanclub、Mudhoney、と。ううん。