Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2008-01-27

[]ううむ

 代表戦を観る気にさっぱりならないのはなぜかしら。手から零れ落ちた砂粒をカウントしようとするのはやめたいものですが。あーもう。切り替えろ! 私が! もうアンタは内田篤人とかだけ見とれ!

 新しいユニ(下)が微妙に気に入らない。なんで白いのかって(笑)。

[]ところでなんで

 ……私がヒゲのチケの売り上げを心配しなくちゃいけないのか(気づいた。むしろ私の財布の中身の心配したい)。でもバンドオフィシャルもなんか「Don't miss Foo Fighters triumphant return to Japan in April!」って言ってるしわざわざそんなこと言ってんの日本公演くらいでは。いや、暇な方は行ってあげるといいですよ。私がビール一杯くらいなら奢ってあげますから(てけとう)。

 ってツアー6月で終わりなんじゃん、って気づいたんですけど、じゃあそのあとはネタ切れの日々かー。フェスはあるけどその後オフだよなーたぶん。と思うと今のうちにガンガンネタ振っといた方がいいんじゃないかと思ったり。オフは私も一緒にヒゲ冬眠に入るからサ。←どうだか

 半パンのヒトが強烈な存在感を放ちすぎている。と思う。

[]別冊カドカワを舐めるようにみて

 昨日の拷問のせいで体中がみしみし言ってる……! あ、カウンタ復活したみたいなので戻してみました。空回りの分は知らん。

別冊カドカワ総力特集奥田民生 (カドカワムック 266)

別冊カドカワ総力特集奥田民生 (カドカワムック 266)

 好きなものをみんな褒めてるのってちょっと嬉しいですよね……お世辞とかでもイイですヨ!

 私は大学の専門が大雑把に言うと文 芸 批 評だった(文学研究とかではなく。厳密に言えば批評が専門とはちょっと違うというかむしろ……いやまあ、そこらへんはいいや……だったのですが、まあやってました。そして身にはつきませんでしたが)(ホントに職とかおぜぜにならなそうなことやってこの子は※)ので、どうも何か読んだり観たりするときいまだに批評前提で読んだり観たりしてしまう癖が抜けず、はっきり言ってアレ以来純粋に対象を楽しむことが出来なくなったような気がします。よ。

 あらさがしではないのだけど、とにかく対象を分析+影響関連探しをしてしまうっつか、なにより作り手の意識を重視しがちなんですよね。どういうつもりで作ってるのかってのをどうしても追求してしまうという。こここういうつもりで撮ってる! 言わせてる! 書いてる! ってとこばっか注目してしまうのであんまりベタなつくりだとモリモリ心が萎えるというか、ずんずん醒めていく……。醒めていく醒めていく……だからそういうの押し流す勢いってのが凄く重要だと思うんですけど。有無を言わさず持ってってくれ、という。

 卒業してからなるべく分析とかしないで「おもろかった! こういうとこが!」とアホの子みたいなことしか考えないようにしていますが、なんかの折に迸り出る3歩引いた感じの発言は後遺症だなーとか思ったり。でもねー、好きなもののことはついたくさん語りたくなって結果としてなんか分析っぽくなったりするの! だからレビューとかもあんまりしたくないわけなの! 気がつくとツッコミ入れてるから!

 ……大体モノ知らないひとに批評なんて出来ないじゃないですか、ここに○○の影響が、とか○○のこと知らなかったら言えないですモン。気づくかどうかってのもありますが(だから作り手のバックグラウンドを知るってのもホント重要なんですよね)。そして18歳とか19歳の頃の私は今よりもっとモノを知らなくって(今も知らないが)、そういや毎日が苦行だったなーと懐かしく思い出したり。得意分野ばっかり扱うわけではないのでホントに大変だった……うう、大変だったッス。卒業できてよかった。課題2ヶ月遅れたりしてたけど。←苦しみすぎだ

 そしていまだ対象を全部分解してテーマを引き出そうとしても間違えた答えを引き出しがちです。分析が甘いんじゃないか。そうね。それは個性ってことでヒトツ

 え、ああ、だからね、好きなもののことは褒め殺すくらいでちょうどいいんじゃないかなって、あくまで個人的な事情によりそんなこと思ってます。ヨソ様のことはさておき、私個人は。批評したくないっていうか。だって好きなんだよ! 余計なこと言ってモヨモヨしたくないわけなのよ! 

 あと自分の気づかないところが絶対あるのも痛いほど分かってる(つもりな)ので、貶す方向については迂闊なこと言えないというか。だからコレはイマイチ、と思ったら口の端に登らせない方向で(笑)。もちろんいろいろ思うところはありますが敢えて口に出したくないというか、言わないことで終了さす感じで。言葉にした時点でウソになるというか、言葉に合わせて都合良く気持ちの方を捻じ曲げるってのもあるので(語彙が貧しいだけに余計)……ネガティヴな方向にそれはやりたくないなあ、とは思うわけです。まあ卑怯っちゃ卑怯なんだけど。保留にしてるときになんかのきっかけでよさに気づいたりとかできるかもしれないし(そういう意味では外からの刺激は必要ですな)。

※職とかおぜぜにならぬのは同じでも、とにかく日文とか英文とか○文とか比較文学とかではなく、ましてや心理学とか史学とかそういうのでもないです。もっとやくたいもない感じのことをやるところ。

 アッ、学生時代から王道を逸脱している(笑)

tataraboshitataraboshi2008/01/27 20:50私も文学部病なところは確かにありますー。どんなに好きでも冷静なところは無くせない(笑)。だから盲目なファンの目に自分の文章が触れるのはおっかないなーという気持ちは常にあります。実際それで嫌な思いもしました。でもまあ、盲目な人もいて、批評の目を忘れない人もいて、っていうふうにいろんな人がいるから面白いんじゃないでしょうかね。そうそう、褒めてばかりいる人は、それはそれで「あの人イタイよね」って言われますよね。難しいです、ネットは。でも続けるけどね。

asouyaasouya2008/01/27 21:31「好き」「嫌い」ということさえ基本的に禁止ですから、批評というグラウンド上においては(特例はあるとしても)。まあ好き嫌い語ったら批評じゃなくなっちゃうから当然なんですが。褒めるにも根拠を求められるというか。それがしんどかった……。根拠なくても好きだって言いたいじゃないすか! オレの心にヒットしたんだよって!(オレ言うな)
うーん、批評っつっても最近のネット批評の大部分はちょっと違うと思うんですよね、あの程度で批評とか言われるとちょっとつらいというか、あっそんなこと書いてると教授に鼻で笑われるから……(震)、みたいな感じです。あーもーあんま思い出したくないよう。
冷静さ自体はいつでも必要だと思いますヨ。でも好きなヒトの好きな気持ちもすんげー大切だと思いますし、誰でも結構無責任に好き嫌いメインで書けちゃう時代になったからこそ、貶すならやっぱり根拠は明示すべきだと私は思ってしまいます。自分は嫌い、とかなんとなくの理由ではなくて。
でもどんなことでも、自分で書いたことには責任持たなきゃいけないから、やっぱ迂闊なことは書きたくないし……まあ要するにこれも逃げなんですけど。散々やってきたので論じることのおっかなさみたいなのだけはわかるんですよ。
しかしいつでも基本的にネットの僻地に住んでいるので、たとえイタイとか言われても実害はないので全く気にしません。2ちゃんとかみないから恐ろしさが分かってないだけかも知れませんが(笑)。

ていうかまた長いな? 長いです(遅い)。

asouyaasouya2008/01/27 22:15あっ、だからつまり↑といったようなことが言いたかっただけで、別にネット云々の話については深く考えていませんのよ(ゴメンナサイ。僻地の人間だから……いいとこだけ毟り取っていやなところは放置するよ! 清濁併せ呑んだりしない! いいとこだけいただく!)。のでなんかこう、うまく応答できてなくてスイマセン(笑)。