Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2010-04-06

ルルルー 03:10

愚痴を言うと人間の器が小さくなると戒められたので(なんかどっかで見た)、愚痴は言うまい。

……と考えたら中学生くらいからそんな事を言っているのでもうダメかも知れんね。もうお猪口くらいの器しかないね。お猪口以下かもしれんばい。スズメの涙も入らん……

しかし心の広さも琵琶湖くらいなので……(宇宙レベルを目指してください)。

そういえば

早雲の軍配者

早雲の軍配者

がけっこう面白い。さくーっと読めるのもうれしい。でも通勤中にしか読めないからまだ終わってない。

駅ナカ書店で購入しましたら書店POPが非常な力作であり(しかし微妙に男子を遠ざけるPOPのような気も)、忸怩たる思いであります!(何が忸怩だかわかんね!) でもおっしゃりたいことはよくわかりました、ははは(乾いた笑い)。

この言葉使うの生まれてから二度目、をこんなところで消費したくないので、敢えて詳細は言わぬでおきます。

注文付けるなら全体的な文章の印象がちょっと軽いかな、これは私の好みの問題であって、作品自体のミリキを殺ぐものではありません。

しかし時代物なんて

黄金旅風〔小学館文庫〕

黄金旅風〔小学館文庫〕

以来かもしれん……これなー、才介まわりにはうぎゃーってなりましたよ……、でも個人的にはああいうふうに書ける人のほうが好きなんだな。ままならぬ感を出してくるというか。生きるときは生きて死ぬときは死ぬってのを厳然と描き切ってくれたほうがいい。歴史に組み込まれてるから仕方無いんだよ!(笑)

でも、いかにも話の筋のために人を生かしたり殺したりするタイプの作家は好きません。書き手の意図が見えすぎると萎える。そこは越えてほしい。

あっ、連載中に書き手の意図を超えてキャラが勝手に暴走していく漫画家は好きだよ!(笑) むしろ暴走しろ、キャラ、とかおもう。作家の統制が強すぎるのもたまに読んでて白けるので(やっぱり意図が読めるんだよね……トシ食ったせいかもしれぬ)、なんつうかもうやっぱり最後に残るのは情熱なのかもしれん、みたいなことを思ったりする。私は結局作る側の人ってのは話をうまく語れる、ということよりもなにを語りたいか、ということのほうが絶対だいじだと思ってしまうので(それを台詞っていうか口で言ったらいけないけど)、破綻してようが伏線回収しきれなかろうがなんか一本筋が通ってれば(というかいっこでも胸打たれるような要素があれば)もうそれでいいです。

ん、なんか矛盾してるな……でも、ストーリー大事だけどストーリーのために個々の要素を都合良く書き換えられるとやだなあ、てことなの。途中でいい人になるとか実は生きていたとかもいやだけど、なんつうかこう、わかりやすい行動とかわかりやすいことばとか、作者の都合にあわせてんなー、ってのがほんとにいや。そこがすけて見えるようじゃだめよねー。たまにそれがすごく鼻につくことがあって困る。いや、今回そう思ったという訳ではなくってよ。