Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2012-01-19

[]Beirut@SHIBUYA CLUB QUATTRO(2012.01.18)

待ちに待ったザックコンドン祭、もといベイルート!

前日前々日で体力を消耗しすぎたという噂もあるが、なんとか元気に潜り込むことができましたヒャッホウ。

いや、潜り込む、というのが本当に表現としてしっくり来る感じに

すしづめ

でした。えぐえぐ。

ザックコンドン左側!(遅れていったので左側に潜り込んだわけで、怪我の功名というか何というかザック側で見ることができました)

ゲストのトクマルシューゴのなんだか覚束ない喋り方(たいへんかわいらしい)に撃抜かれたりしていましたが(グッズがものすごくかわいいのなんでなんで)、トクマル含めて素晴らしかったです。なんという贅沢。そしてちっこいメモ見ながら喋る日本語の愛らしさコンチクショウ! マタキテネ! ていうか私が行けばいいのか!

セトリ……を撮らせていただいたので! 毎度ありがとうございます。

なんか23日当日券がでるそうなので、行ける方はなるべく行ったらいいと思います絶対損はさせません(また営業になってる)! 


ちょっとした兄まとめ

Twitterにつらつら書いてたので忘れないようにメモっておきます。

16日終演後

いつからこんなフレンドリーになったのさ……!

つうかこれはやべーわ……いかんよこれは……

なんかあのときのだってこれじゃ弟にいっこも勝ち目ないじゃん兄ひどいマジヒドイ鬼!悪魔!チンドン屋!……みたいな気持ちがフラッシュバック、分かってたつもりだったけどこれじゃ素直に喜べないよ……

まあなんつうか好きすぎて憎いだけなので明日の方は本当にお楽しみになさってて下さい……アワワワ

あーあーあー。

サービス過剰なのだと思う……

スンマセンもやっとし過ぎだとおもった(笑)。


その後

こうして屈託にまみれているわけだがアンコまではわりとちょうにやにやしながらしあわせだったんだぜ……

いやそんなに屈託にまみれているわけでもないけどお腹いたい

もうめんどくさいからなかよくはんぶんことかにしてもらいたい(敗北感)

今この私のもやっとしたうれしかなしのきもちをぶつける場がないのでいつまでももよもよしている……(そんなものぶつけられても困るので一人でもよもよしていてください)

モヨモヨしているようす。

17日開演前

まずこのROのしのたんレポがあって(最初署名なかったんだけどいっぱつでしのたんだと分かりましたよね……)

http://ro69.jp/live/detail/62887

あーもーあーもーほーんーとーにーなー!「リアムがビーディ・アイをあんなにも愚直なゼロ地点から始めなくてはならなかった」ことに思い至ったらもう眉間にシワがよってしまったよねオレは……いやノエル素晴らしかったんですけどねホントに……胸が痛すぎる。

こんな事言ってもしょうがないのだがでもだからこそリアム超かっこいいなと私は思うん……。アイツここまで壮絶なハンデ背負ってたんだよなあと思ったらちょっともう涙も出ない。うげえ、みたいな……兄ひとりで体現できるものがあまりにも大きすぎる……いやわかってたことなんだけどさ……

でも兄だけだとなんつうか前に飛び出すきっかけとか足りないので、ああもう……とノスタルジーみたいなアレなのですよ、ね……あとそのサービス2009年もやったじゃろ、と思ってなんか余計に切なくなってどよんもよんです。はっ、あたい別にファンじゃなかったね……(白目)

ちょっと口数が多くなっているわけですがモヨモヨしていたところ吐き出せたのでもういい(笑)。

まあ前に飛び出すきっかけがないのでこの日は前に行きました。死にました。なんか流れが弟んときと一緒だ(1日目真ん中2日目中途半端に前いってぐるぐるになるなど)。

17日終演後

ベースの口半開きセクシーと言えないこともない(メモ)

兄この鍛えてないけど太い腕とかまあそんな感じ……

今日も兄こフレンドリーだったけど、ほんの一瞬だけものすごいさめた一瞥をくれた(無論そう言う顔をしたからと言って当人がどんな気持ちだったとかいうつもりはない、そういう表情だったってことである)瞬間があってちょっとしびれた。眩しいないろいろ……(言いたかったこと:近くで見れて嬉しい)

わりとフルタイムおしくらまんじゅうゾーンだったのにそんなとこよく見てたな……

まあ兄だからあのくらいはできて当たり前というのもあるが、なんというか方向としてそれでいいのかなあと言う気もするのですよね……いや全然いいんだけどさ……

まあ2015年くらいまでは半眼で見守らねばならないのかもしれないですね……(げっそり)

もにゃっとしたこと書いたんですけど楽しかったしあにこだいすきだし(好きじゃなかったらこんなにもにゃっとしねえよー!)、だけどいちごが美味いのは当たり前なので、やはり大福の良さを押してゆきたいとおもいました。どこがいいのかって何がいいのか分かんねんだけどさ……(二日間まとめ)

なんとなく兄こにももっと闘って欲しかったのかも知んないな。と、まあそんなことを思ったのですがあれに満足しないというのもどうかと思うし、まあ情の問題ですのでなんとも。弟ちゃんのほうが終わった時のほわほわ感あったんだよね……すごいんじゃないけど、愛だな愛……(錯覚)

無論愛だけではダメなのであるが。

このこころ千々に乱れてる感じがばかである。愛だけじゃダメなんだけどさー。でもさー。

つうかうまいこと前のバンドから卒業するチャンスでもあったのでは……みたいなことは思わぬでもないが、当人の希望路線がそうならまあ、いいのかな。たぶん弟ちゃんのほうが捨てたくないだろうから弟ちゃんならバカかお前は! とかいえるのだが、兄にやられると受け入れるしかなくて悔しい……

あんな終わり方したんだし、どうせならもっとはっちゃければいいのにね……

と何となく釈然としないものを感じるのは、(諸般の事情からして仕方なかったとしても)弟ちゃんが曲がりなりにもあれからずっと新人バンドを貫いてたってところと、あまりにも対極にあったからじゃないかと思う……。出してくるものの質ではなくて立ち位置なんですよね。

いや分かってたんだけどさ……それが悪いとは全然思わないんだけど、どうしても比較してしまうんですよね。そして情としては弟はほんとよくやったなあ、みたいなことを強く感じてしまうのですよね。まあたまに暴走してたけど。単にやりたくてもできなかったとかそういうことだとしても。

まあ何というかそんな対比までよくできていると思います……。

だけどなんか兄はもっとおもしろいことできたんじゃないかと思ってしまうんだよー! 過去の持ちネタはデザートくらいに取っといて、もっとすげえことやりたいんじゃないのかよー! そうじゃなかったらなんだったんだよ……みたいな、アッ、愚痴。(あなた本当に兄に対する期待値が高いのねえ……)