Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2019-03-05

キリのいい入社年数なものだから

何年かは聞かないでくれ。馬齢を重ねてここまで来た、などというと馬をバカにするな、お前ほど漫然と生きている馬などいない、と罵られるかもしれない……。

ちなみに日国(日本国語大辞典。精選版)を引いたら

ば‐れい【馬齢】

〘名〙

②年齢のわりにはこれといった成果をあげることがなかったとして、自分の年齢をへりくだっていう語。犬馬の年。犬馬の齢(よわい)。馬歯。

とある。なるほど成果が上がっていない……人生の。


無駄に社歴を重ねたので、社歴を重ねた記録を書かねばならぬ。特に何も成し遂げていないのに困ったことである。仕事ばかりか出世にも向いておらぬのも困る。できれば何もしたくないと顔に書いてある。

何を書こうかと言って悶々としているが、正直に書くと左右を屈強な係官に囲まれて別室送りになる、もしくは産業医との面談を強く勧められるようなことしか思いつかないのであまり正直に書くのはやめておこう。大人だから。十分すぎるくらいに大人だから。ちゃんとした大人はそんなこと書かない。たとえブログであっても。残念なことである。


思えばわたしの会社人生は苦難に満ちたものであった。まず就活がキツかった。なんだアレ。就職氷河期だよ。まあ氷河期だったけども周りそんなに苦労してなかった感じだから、これは主にわたしが就職に向いてなかっただけであろう。多分アピール下手でやる気もなくいろいろ苦労するって思ったからネームバリューだけは期待できる大学に行ったのに(そんなこと言ってるからお前はダメなのだ)。まあネームバリューのおかげで一次で落とされることはなかったのだと思うとそれなりに役に立ったのかもしれない。わたしの選択はいつでもだいたい正しいからな。だいたいな。だいたいしか正しくない。


まあそこまで遡ることはない。ちなみに自己分析はつらいので厳密には一度もしなかった(しなかったのかよ)。してたら軽く鬱になっていたに違いないので(しなくても十分鬱々していたが)あんなものしなくていいのである。自分のことなんて死ぬまでイマイチわからないくらいでちょうどいいのだ。わたしの選択はだいたい以下略。


会社にまつわるエトセトラを思い出していくと、辛い記憶はだいたい永遠の封印の小箱に仕舞われ済みで景気良く忘れているので、特に色も何もないのっぺりとした記憶だけが浮き上がってくるのだが、……そんなこと言ってたら胸にチクチクくる嫌な記憶が脳を去来し始めたのでやめておこう。全部忘れて森の小箱にしまうのだ。しかしこのパンドラの箱、なんかスゲー年取ってからうっかり開けてしまいそうで嫌だな。


仕事の良い記憶。仕事の成果がムッチャ上がったみたいな良い記憶は特にないけど楽しかったこともそれなりにあった。あったはずだ。たぶん。あまり仕事に自己実現とか求めてない人間なので、仕事に対する期待値がそもそも低く、別に仕事なんてオゼゼがもらえればそれで……みたいなことを言ってるので、そんな人間が成果だの出して出世できるわけがなかった。評価制度に首をかしげることはたまにあるが、上司も良く見てるんじゃね。しかしなんでかこんな人(わたしだ)採用しちゃったのがわたし的にはありがたいが人を見る目的には残念である。まあ新人はみんな伸びしろに期待して採用するのであろうが、どこにでも予想した以上に伸びない子っているよね……ごめんやで。


えーとなんの話を。そうだ社歴重ねちゃった話であった。最近昔のことはよく思い出すけどほんの三年前くらいのことが思い出せん、そもそもほんとにそれ三年前なの、むしろ昔のことの方が覚えてるくらいで……と思っていたが、もう昔のことも忘れるようになってきた。まず漢字がわからない。社会人はもう字なんてそんなに書かないからね。スマホの予測変換だからね。ミーティングとかでメモ取ってたら溢れるひらがなにめまいだよ。漢字で書いて! バカみたいだから! わりと隣の人のメモとか目に入るじゃない? そんな小学生みたいなノート晒してていいと思ってるの?


……そうじゃない、そうじゃないんだ。漢字はともかく、前回のキリのいい社歴重ねちゃった記念の時だって何か書かされたはずなのにちっとも覚えていないのだ。おい、昔のことは覚えてるんじゃなかったのか。全然覚えてないじゃないか。もしかしたら何かの拍子に書くのを免れたのかもしれないが、書いたとしたらどうせ嘘八百を書き連ねたのであろう。

だいたい人間は自分のために誰も傷つかないしさほど罪もない嘘をつくのだ。そしてそんなもん誰も読んではいないのだ。だって面白くないからな。