Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

いんちき帖

個人の日記です。
書いている人間:アソージュンコ。
財布に小銭をためがちな社会人。

<使用上の注意>
頻出ワード:ヒゲ・眉毛。モジャー。

2015-05-08

帝劇シーズンもやってきた

みなのものー! 今年はレミゼのある年やでー(帝劇は6月1日まで! )。とわたしなんぞはだいぶ前から張り切っていたわけですが、わたしは帝劇の、というか東宝系のミュージカルを見る時はキャスティングをアホのようにしみじみ検討してからチケットをおさえることにしているのです……まず検討だ検討!(というのが今年2月くらいの話)

いや、例えば四季はキャスティングが直前までわからないので検討しようがなかっただけなんですけどね……。良席取りたくて頑張った半年後のチケットなのにキャスティングは運任せとかねはははは……バカヤロー!(虚空に)

……そんな昔のことはどうでもいいのですが(どうでもよくない顔で)。あさりけーたはんは内容を見ろ役者を見るなみたいなことをおっしゃっていた気がするんですが、役者によって出来にでかい差が発生するのも四◯の特徴であると思います……(むろんこれは◯季に限らない)。もちろん繰り返し見に行くような輩以外にはたいした問題ではないという説もあるし、わたしは主に役者しか見ていなかったのでなんとも。まあほら、……四◯だからな?(言外に分かりやすく含みを持たせるのやめなさい)

そんなわけで自分的にベストと思われる日を黙々と探しましたが、今回の公演、わたし的ベスト組み合わせがなかったんですよ……。いや、ないというか、あるにはあったんですけど、その回、貸切公演だったんですよね……どこの貸切だ、うらやましいー! 少なくともわたしの持ってるカード会員貸切でもプレイガイド貸切でもないなー!

……というわけで夢は儚くも潰え(こんなことならキャスティング知らない方が幸せだった気もする)、この人も見たいあああの人も見たい、この中途半端な組み合わせで満足できんのか、みたいなことを悶々と考えた末にまた何回も観に行くわけですけれども。相変わらずのうみそあんま役に立ってませんな……。

なんていうのか、一回見たらああいいものをみた満足した、みたいな満ち足りたひとになりたかったんですよわたしは。さういうものにわたしはなりたかった。しかしあれもこれもとガツガツ欲張ってハッ、オレはいったいなにがしたかったのか……とかそもそもなにがしたかったのかよくわかんなくなる人生です(つらい)。

でもさあ……足りないことってあるじゃないですか?(※同意を求めるな)

まあ細かいことを書くと気持ち悪い発言を多発するので割愛しますが、2回目が風邪ッぴきの時に重なりまして、咳をしないようにすげー頑張っておりましたけども、1時間に一回くらい咳の発作が来るものでそれをこらえるのが非常につらぴょんであり、今後くしゃみとか咳のひとがいても大きな心で許せる、つうか許すしかねえ! と思いました。

自分のダメさによってひとに寛容になれるとかそれもどうなの……と思いますが、もともと他人にあまり優しい方でもないので年々寛容度が上がってくる(≒自分がポンコツになってゆく)というのにも多少意味はあるのかもしれません。いいことにも悪いことにも鈍感になっているということかもしれませんが……

Never attribute to malice that which is adequately explained by stupidity.

むかしの人は言っている、愚かさで説明できることに悪意を見出すな、と。むかしのひとはいいこと言うなあ! とは思うのですが、劇場でのトラブルは大体において(大雑把に言うと)愚かさというか不慣れとか周りへの無関心(の結果としての無配慮)が原因であり、しかして悪意より本人に自覚のない愚かさの方がタチが悪いこともあるのだ……というようなことはライブやコンサートによく行く方ならば一度くらいは経験したことがあるかもしれません。そんなこともあるからあらかじめ複数回ぶんチケットを取ってしまうのかもしれませんよね……経験が最適とはいえない解決策を導き出すこともある一例として挙げておきましょう。

※でも手持ちの金で解決できるようなことはいつまでもぐちぐち文句言ってるくらいなら金で解決しろってじいちゃんが言ってた(先人の知恵.com)

ゲスト