Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

Beebo’s Juke Box Lounge RSSフィード

2010-01-30

MamasGun@Billboard Live Tokyo

| 10:01 | はてなブックマーク - MamasGun@Billboard Live Tokyo - Beebo’s Juke Box Lounge

Mamas Gun@Billboard Live Tokyo行ってきました。すごい興奮していたのでセットリストとかはごめんなさい。順番覚えてない~。もともと、CD100回聴いても曲名覚えないようなズボラトンマなのでホントすんません。「あっ!この曲、あれだ!」とは思うのですが名前がいつもわからない。

これが自分が音楽愛好家として友達増えない一因だと思う・・・。

現状、ライブは一人で行くのです。

一人がいいんじゃないの。

単に友達いないだけ・・・シュン。

昨日も一人・・・シュン。

えぇえぇ、どーせ彼氏もいないですよ。

えぇそうですよ、それが何か?!キッ!(←急にイライラしだしたりして)

しかし、こんなとき、楽しさや興奮を分かち合う友がいないのはなんとも物足りないですねぇ。

いつも思うことではあるけどねぇ。

ただ、私の友人、そもそも意外と音楽聴かない人ばっかりなのよねぇ・・・。

そういう人を無理に連れて行っても逆に豹変した私を見てドン引きされても悲しいし・・・。

というわけで一人ライブが多いです。



でも、ライブ超楽しかったー・・・。(いまだうっとり)

すごくアットホームな雰囲気で、メンバーと観客で通じ合うものがあった。

アイコンタクトで笑い合い、掛け声かけあったり、客席から手を伸ばせばハイタッチしてくれるし(むこうはかがんでるけど)。メンバー同士で目を見合って「今日、かなりいいよね?」「うん!すごくいい!」みたいな感じで確認しあってるのがハッキリ判りました。


f:id:beebo_a:20100130122508j:image:right

こちらは参考画像。BBCのサイトから。

ライブが始まってからというもの、テーブル席だったのがかなりもどかしい状態で(このライブハウス、舞台の一番そばのエリアがレストランみたいになっててテーブルと椅子が並んでるの)テーブル&椅子を破壊しそうなぐらいにステップしたり足踏みしたり、手拍子したりでした。興奮しすぎて、手拍子の途中でテーブルのシャンパングラスを倒してしまい、あわわわ・・・!となってたのは、たぶん舞台上からハッキリ見られてたと思います。

でもさ、一番興奮するエリアでなんでレストランみたいに整然とテーブルと椅子並べてるのよね??これじゃ飛んだり跳ねたり踊ったりできないじゃん!あ、そういう場所じゃない?そんなガキ仕様の箱じゃないってか??そうかもしれないどさー。

もーーーテーブルにひっついていなくちゃいけないのがホントに欲求不満だった!!!!


このバンド、生で聴くとだいぶ印象が違います。

CDだとすごく細部まで丁寧&繊細に作ってますが、ライブだともっとラフでアドリブが多いかんじ。

それとドラムがけっこうアグレッシブで、ドラムで変則リズムが多かったです。そういうところはJazzのアドリブみたいな雰囲気もありましたね。また毎度毎度全員でその変則リズムがすごい気持ちよくピタッとキマるのです。その点ではCDでのソウルっぽさよりむしろジャズ的要素を感じました。たぶんドラムの人がそういう雰囲気なのかな。ドラムはバンドの要だねー。

大音響でうねるのではなく、美しい音の波が自在に広がってうねる・・・目を閉じていたら、その波に全身全霊を洗われるような快感がありました。ママズ・ガン、良~いバンドです(←太田胃酸、良~いクスリですの口調で)。


ただねぇ、これはバンドじゃなくてライブハウスに対して思ったのが、正直、ここは音響全然良くないんですよ。むしろヒドい。

音が全部バラバラに聞こえるか、逆に全部が一緒くたになってこもって聞こえるかのどちらかです。

都心の超一等地のロケーションで、すごくキレイなビルの最上階で、ガラス越しにきらめく夜景が見えるような非日常的なスペースなので、そういうドラマチックなものを優先したんだと思うんだけど、MamasGunに限らずせっかくそれなりの人を呼ぶのだから、そのあたりはもうちょっと考えたほうが良かったと思うよ~。

あと、頼んだFish&Chipsも全然地元の安い店のほうが旨かったす。

でも、ここでしかやらないライブもあるからね。


実は今日も行ってしまおうか・・・と思いつつ、でもリヴィングカラーのチケットも払わなくちゃいけないし(¥10,000-弱)とても無理そうだ。あーそこらへんにチケット落ちてないかなー。そんなわけないって。