Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

Beebo’s Juke Box Lounge RSSフィード

2011-09-20

アジョシ@川口MOVIX

| 18:50 | はてなブックマーク - アジョシ@川口MOVIX - Beebo’s Juke Box Lounge

『アジョシ』、見てきました。



この映画を端的に説明すると『ウォンビンのウォンビンによるウォンビンのための、韓国版レオン』。

以上(`・ω・´)キリッ!



しかし…正直、この映画の流血シーンそして流血量の多さにかなり辟易。

量も多いし長いし。『なんでわざわざこのアングルでこの撮り方?しかもしつこい。』と思っちゃいました。

もともと殺戮系アクションが全然好きじゃなく、そのせいもあって映画の大半を占めていたアクションシーンについては評価低めです。


ただねぇ、単にそれだけじゃなくて。



園子温『冷たい熱帯魚』の血はそれほどイヤじゃなかったのに、なんで今回の流血は気に入らなかったのか。

正直、アジョシには流血シーンの1つ1つにイマイチ必然性を感じなかった。

『単に血を見せたいだけ?』と感じたのはあります。

でも、そもそも抗争なら流血するの当たり前じゃん?

あの、とろみのあるどす黒い血が今ここで流れる(スプラッシュする)のを、私がわざわざ全部見て確認する必要あるのか?

見ててそういう気分になって、思わず途中で溜息出ちゃいましたね。

『あーまだやってるよー…』みたいな。



暴力的なシーンについて元々思うことはあるものの、個人的には表現を規制するのは絶対反対です。

それでも、その必然性や説得力についてはもうちょっと作る側がセンシティブになってもいいのかなーと思います。



ストーリーについても一言申したい。

レオンみたいなストーリーなわりには子役がカワイクないYO!

相当可哀想ではあるけどね。

でも、視覚に訴える無条件のいたいけさが足りなかったかなぁ。

そもそもレオンみたいな話は可憐な美少女じゃなかったら成立しないと思うんだよね。

レオンのように親子っぽくかつ恋人っぽくっていう、二人の複雑微妙な関係が全然なかったのは残念です。

ただの『おじちゃんと近所の子』を越えられてなかったかな。

だから、ウォンビンが必死にその近所の子を救う行動の動機について『"自分と同じ孤独"とか"生まれてこなかったわが子の面影"とか…なんだろうなー』と、何となくしか伝わってこない。

このポイントが強く私に響いてこなかったというのが残念でした。


可哀想だけじゃ愛せない…。

観客って我がまま勝手で残酷なもんですね。

(↑アタシのこと)


でも、さんざん悪口言った後に言うのもなんですけど、

脇役さんらはすごくいいです。

ウォンビンと対立する暴力団員役の人たちは、ただ立っているだけでヤバ~イ雰囲気を発散させていますし(これ、ホントにすごいと思った、皆。)特にウォンビンと直接対決する一匹狼の殺し屋は人殺し稼業の悲しさ切なさ虚しさがほの見えて女心をガッチリつかんでいましたね。

あ、つかまれてたのはアタシかww。


逆にウォンビンはいつでもちょっとだけ『おめぇ、それオサレすぎるだろ!』って、いつも不自然にオサレでした。最初の片目しか見えない髪型(写真参照)とか、カミソリとバリカン仕上げの短髪(写真参照)とかね。カミソリ+バリカンでそれだけきれいな髪型になるってどんだけ器用なんだっていう。スーツもやたらスマートなかんじの生地も良さげなやつだし。ま、元エリートという設定だからそうなのかもしれないけど、うらぶれた質屋という現在の稼業を考慮するなら、もっさりした服装&もっさりしたたたずまいのほうがよかったと思うなぁ。

そういうところも『ウォンビンのための…』と私が思う部分です。


オサレ風味の髪型。イケメンすぎる質屋↓

f:id:beebo_a:20110920175155j:image



ま、そうはいってもウォンビンは何やってもどうせカッコいいんだからいーの、いーの!

(↑でた!エコひいき)

私個人は料金分は十分楽しみましたわよ。

ウォンビンの腹筋ってすごいの(キャ!)。超厚みがあってリアル仮面ライダーっす。


ライダー腹筋。そしてバリカン仕上げのオサレ短髪↓

f:id:beebo_a:20110920175156j:image


最後に。

ウォンビンはこの映画で『大人の俳優に脱皮した』とか言われてますけど、私はそうは思わないな、別に。

『ウォンビンのための…』っていう感じが取れた時、初めてそういえるんじゃないかな?

正直そんな変な持ち上げ方しなくても普通にいい映画を撮れば自力で光る人だと思うんだけどなー。


いずれにしろ次回に期待です。


というかんじでした。


ちゃんちゃん!

ゲスト