フルシアンテAF このページをアンテナに追加

2009-07-20トータス松本

 素晴らしい音楽とは、

 楽しい時よりも、悲しい時に。

 嬉しい時よりも、怒れる時に。

 幸せな時よりも、切ない時に、こそ生まれるもんだと思う。


 何が言いたいかというと、そんな素晴らしき音楽が詰まった

トータス松本のソロ・アルバムは、ちょっと想像を絶する傑作

になっているぞ、ということ。


 このアルバムを一度聴いてしまうと、ウルフルズが、いかに

トータス松本の彼の考える「ウルフルズ」であろうとする抑止力

によって、その素晴らしさをカロリーオフしていたか、ということ

がよくわかる。


 そしてまたウルフルズが好きな、ウルフルズの音楽が好きな者に

とって、どうしてこれをウルフルズでやらないんだ、という歯痒さを、

同時に感じる作品


(何故トータス松本がそうなったかは、今月号のロッキングオン・

ジャパンを読んで下さい-これが、読者が読みたいもの、話し手が

話したいこと、聞き手が引出させること、これが完全に一致して、

且つ何気ない会話に織り込まれた高度なスキルとテクニックが味わ

える、これまたちょっと想像を絶した素晴らしい読みものになって

いると思う)


 「涙をとどけて」「僕がついてる」「明星」といったシングル曲も

あるが、それ以外の楽曲の完成度が半端ない。マーヴィン・ゲイや

ボビー・ウィマック、オーティス・クレイらソウルフル魔人もびっくり、

「ねむらないぜ」における遣る瀬無さ。「いつもの笑顔で」の艶やかさ。

「ミュージック」における色気と悲しみ。


 本人が思っている以上に彼の声には、人を震わす「何か」がある。

同じ「大丈夫」でも、全く持って説得力のない、殺意さえ覚えるRやF

やGrのうたう歌とは圧倒的に異なる「重み」と「深み」がある。


 ウルフルズの活動休止に至るまでの、苦悩と葛藤の末に、先にこの

アルバムがあるのあれば、だからこそ生まれた、またこの先の可能

性が拡がったのであれば、何よりこのアルバムが売れて欲しいと心

から思う。


 何故なら、ソウルの名曲ばかりをカヴァーしたファースト・ソロである

『Traveller』とは決定的に違う、トータス松本という人の頭に鳴っていた

悲しみや切なさがこれでもかってくらいに放たれていて、またそれが実は、

日本人のソウルを震わすことの出来る教科書的音楽、理想とするソウル

ミュージックではないかと、俺は思うから。



 いつかこのアルバムの先に、ウルフルズがレッチリのようにまた、4人

集まってソウルフルな音楽ができるようになれば、と心から思う。

 でも、今はこれが、俺にはウルフルズよりソウルフル。





f:id:hellaco:20090720210821j:image

タイトル:FIRST <通常盤>

国内盤 CD

発売日: 2009/07/15

組枚数: 1

規格品番: WPCL-10720

レーベル: WARNER MUSIC JAPAN

2009-03-20The Hellacopters

こんなの発見。

めちゃめちゃかっこいいので載せてみた。

それにしても何故日本に来なかったんだ!!!

…久しぶりにギターさわろ。






f:id:hellaco:20080714000758j:image

タイトル: High Visibility

輸入盤 CD

発売日: 2002/04/16

組枚数: 1

規格品番: 33

レーベル: Gearhead

2009-02-18ご無沙汰です。

忙しさにかまけて全くもってざぼってました。

少し遅れましたが、感想をば。





f:id:hellaco:20090218220545j:image

タイトル:ザ・エンピリアン [SHM-CD]

国内盤 SHM-CD

発売日: 2009/01/14

組枚数: 1

規格品番: DDCB-12504

レーベル: AWDR / LR2

 これ程までに聴き手に圧倒的な達成感をもって示させる音楽的表現は、2009年がまだ一ヶ月と少ししか経っていないにも関わらず、今年はこれ以上の作品は出てこないとの絶対的認識を持たせ、そしてそれはさらに、熱心な信者(私のような)を以ってしても「(彼の凄さを十二分に認識しているとしても)果たしてこの先これ以上のものを生み出すことは可能なのか?」との疑問とともに、改めて当代孤高のジョン・フルシアンテという芸術家の凄さを、強烈に感じさせる作品。

 これを聴いたが最後、あとは聴くものがないと実感させる到達感と、音楽的説得力、強烈である。

 これを聴いてしまうと、以前のソロ作品の音作りが野暮ったく、そしてレッチリさえも子供騙しに聴こえてしまう、とは暴論。

 だが、そんなことをつい口走ってしまう程今回の作品は慄然として私の中に存在する。

 基本はUSインディーなロウ・ファイ&エンビエントな音作りと思わせておいて、その実物凄く芳醇に作り込まれており、聴く度に新しい発見があるという点では、レッチリ目下最新アルバムステイディアム・アーケイディアム』(特に「ターン・イット・アゲイン」)と同傾向と言え、またギター奏者の観点からすれば、モジュラー・シンセ(シンセサイザーの一種)をフル活用したサウンド・メイキングはデジタルちっくなのにアナログの温かみのある、且つ凡百の自称「ギター・バンド」なぞ木っ端微塵に薙ぎ倒す「ウォール・オブ・ギター・サウンド」に圧倒される。

 1曲目、確信犯なファンカデリック「モガット・ブレイン」(漫画『BECK』で千葉がパロったあのジャケです)のオマージュ「ビフォア・ザ・ビギニング」で始まり、ジェフ・バックリーのカヴァー「ソング・トゥ・ザ・サイレン」、そして最初のヤマ場「アンリーチャブル」での、

「静かで幽玄…」

「まるで心の奥深くあるキズにささやくような…」

(By佐藤のおばちゃん『BECK』より)

 的な積み重ねられたギターに悶絶。その後も「イナフ・オブ・ミー」「セントラル」などこれでもかというくらいに素晴らしいフレーズの連発。

 決して万人受けはしないだろうが(ジョンの声は聴くものを強烈に選ぶので)、それでも聴いた人間に何かを語らせずにはいられない今世紀屈指の名盤。

 これはいろいろなサイトやジョン本人も言っていることだけど、是非大音量でちゃんとした再生機で聴いて頂きたい。

 頼みます。日本盤のみSHM-CD仕様。




 あとこれもよく聴いてます。シールの『ソウル』(変な言い回し)。



f:id:hellaco:20090218220544j:image

タイトル:ソウル

国内盤 CD

発売日: 2009/01/14

組枚数: 1

規格品番: WPCR-13284

レーベル: ワーナー・ブラザーズ

 現代を代表するR&Bシンガー、シールがソウルの名曲を思い入れたっぷりに、歌いまくるという贅沢な、悪く言えば、何のひねりもない企画アルバム(畑違いの伊藤政則氏もお気に入りだそうです)。

 これがいい。

 変に凝った選曲をせず、素直に原曲の持つ偉大さが噛み締められ、大好きな名曲郡を楽しそうに歌うシールに酔えます。

 そういった意味ではプロデューサーであるディヴィット・フォスターもアレンジを最小限に抑えたいい仕事してます。

 オバマ大統領の演説のバックで使用されている、サム・クックの、というか黒人にとっては「第二の国歌」ではなかろうか、の「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」に始まり、アン・ピープル「アイ・キャント・スタンド・ザ・レイン」(これが泣かせます)JB、アル・グリーン「ヒア・アイ・アム」(いやはや最高!)、ベン・E・キング、そして漫画『BECK』でもコユキが熱唱したニューソウル界四天王の一人カーティス・メイフィールド「ピープル・ゲット・レディ」を収録。



 で、この『ソウル』にも収録されているJB「マンズ・ワールド」。どっかで聴いたことがあるので探しみたのがこのアルバム



f:id:hellaco:20090218220543j:image

タイトル: オン・ザ・ブルー・サイド

国内盤 CD

発売日: 1998/04/22

組枚数: 1

規格品番: AVCB-66033

レーベル: ベアナックル

 元Y&T(って誰も知らんと思うけど)のリーダー、デイヴ・メニケッティの初ソロ・アルバム

 全編ブルース・フィーリング溢れるハード・ロック(だろうなきっと)を演っており、今ハード・ロックを全く聴かない身としてもその素晴らしさを十二分に味わえる。

 この人、本当に歌とギターが死ぬ程旨い。「上手い」でも「巧い」でもなく「旨い」のである。

 泣きのギターを弾かせたら、サンタナもクラプトンもゲイリー・ムーアも遥か及ばないと個人的に思っています。



 と、あとまたまた『ソウル』絡みでこのアルバムもご紹介。

 個人的に強烈に忙しかった時期になんと奇跡の再発となっており、(それも今ブレイク中Greeeenが所属するNAYUTAWAVEレーベルから!)昨年末に慌てて購入。

 よかった気付いて。



f:id:hellaco:20090218220541j:image

タイトル: LIVE AGAIN

国内盤 CD

発売日: 2008/11/19

組枚数: 2

規格品番: UPCH-20122

レーベル: NAYUTAWAVE RECORDS

 『ソウル』収録アル・グリーン"ヒア・アイ・アム"のカヴァーを含む1983年来日時の実況盤。

 前にもここで書いたけれど、この人の声は、この人が歌うと、とても切実で、悲しい歌になる。この声は、どこか別の世界からきたのではないか、とさえ思える。

 人間の心の襞を刺激し、結果的に聴き手に希望を与える彼の歌は、それ程人間の奥底にある感情の波に深く切り込んでくる。

 ソウルが溢れすぎてもうどうしようもなく、遣る瀬無い。

 確かに1970年代の作品に比べ歌い回しの節々に悩みが垣間見えるたりもして、この時代のソウルが難しい立ち位置にあったのが伺えるのだけれどそれでもこの歌声には、そんな時代を超越した何か特別なものが感じられて全く持って聴く度に涙が滲むのを抑えられそうにないのである。

 バックも全盛期ハイ・サウンド(ソウルの世界での超名門レーベル)を担ったリズム隊が帯同しており、文句なし!

 12月はよく帰宅後放心状態でこれを聴いて救われました。

 ちょっとアバウトな歌い回しの桑田佳祐"いとしのエリー"カヴァーも収録。

 ジャケの色彩感覚だけは微妙だと思う。

2008-08-03past music

Extreme [Pornograffitti]

f:id:hellaco:20080803232959j:image

国内盤 SHM-CD

発売日: 2008/09/03

組枚数: 1

規格品番: UICY-93681

レーベル: A&M


先日中央道を車で走っていたら、ラジオで流れてきたのは

EXILEでも、安室でも、Greeeenでも、テルマ

でもなく、キマグレンでもなくて、何故かEXTREME。

それも3曲も立て続け。どうやら新譜(再結成してたらしい)

が出るようで、そのための前戯なのだろうが、ついつい遠い

目をして聴いてしまった。

それにしても、昔も今も彼らのことを「ファンク・メタル」

というにどうも違和感を覚えてしまう。

世代的には漫画『疾風伝説 特攻の拓』を熱読してたので

(田舎育ちです)、かの「増天寺ライブ」での「デカダンス・

ダンス」には一際胸躍ったものだが、冷静に考えるとファンク

の何たるかもわからずヌーノ・ベッテンコートのギターは凄い

けど、ゲイリー・シャローンの歌うメロディは抑揚に乏しくイ

マイチだと思っていたし、今はこれをファンクというにはあま

りにハードロック然として、且つホーンが入っているだけでフ

ァンクというな、と言いたいし、とどうにも自分の中では微妙

な立ち位置にあるのは変わらず。

今回改めて聴き直してもその感想は変わらず、元々ビートルズ

クイーン、エアロスミスなどが好きだったヌーノ&ゲイリー

からすれば「ファンク」と呼ばれる(レッテル?)のは迷惑だ

ったに違いない、と勝手に想像。

「ダァンス~、ダァンス~」という掛け声が今聴くとちょっと

情けないが、世のギター小僧垂涎「デカンダンス・ダンス」、

確かにちょっとファンキー「ゲット・ザ・ファンク・アウト」、

そして全米NO.1に輝いた名バラード「モア・ザン・ワーズ」

を収録。学祭を思い出します。


ヌーノは昨年相変わらずの怪しすぎるのっぺり&セクシー声で

ペリー・ファレルが歌うこの作品にも全面参加してましたな。

一発でそれとわかる図太いベースラインのフリージョン・フ

ルシアンテの放つ誰でもない彼しか生み出せない強烈な個性が

光る「ハード・ライフ・イージー」だけのためにこのCDは聴

く価値がある(フルシアンテ好きにとっては)。




Perry Farrell's Satellite Party [Ultra Payloaded]

f:id:hellaco:20080803232958j:image

国内盤 CD

発売日: 2007/6/20

組枚数: 1

規格品番: SICP-1408

レーベル: ソニーレコード

そして今回EXTREMEを聴き直してこのバンドも思い出した。

Harem Scarem [Mood Swings]

f:id:hellaco:20080803232956j:image

国内盤 CD

発売日: 1993/12/21

組枚数: 1

規格品番: WPCR-1178

レーベル: wea

改めて気がついたのだが、ギターの音色、フレージングはヌーノ

直系だということ。ただハリー・ヘス(Vo)の歌がゲイリー・

シャローンの百倍は上手いからなのか、より日本人好みの楽曲が

揃っていたのか高校生当時こっちの方をよく聴いていた&コピー

していたような(確かライヴも観に行った、光明アムホール?)。

トリッキーなギターで始まる大仰な王道ハードロック・チューン

「セイヴァーズ・ネヴァー・クライ」、シンプルでその分雰囲気

が重要な(コピーする上での話)「チェンジ・カムズ・アラウン

ド」、これは今聴いてもなかなかムーディで骨太ミディアム・ナ

ンバー「ジェラシー」、当時大好きだったインスト「マンディー」

、超絶テクに悶絶した「バッド・イナフ」を収録。

今愛聴している音楽とは別の意味でコテコテ。





で、今はハードロックでもメタルでもなくこれかな。

David.T.Walker [Same]

f:id:hellaco:20080803232955j:image

国内盤 CD

発売日: 2006/12/20

組枚数: 1

規格品番: VACM-1297

レーベル: ビデオアーツ

71年作。メロウで歳を重ねる分だけ/重ねたからこそかわる

素晴らしさがここにある。

一聴するとイージー・リスニングっぽいかもしれないが、ポ

ール・ハンフリー、ジョー・サンプル、ビリー・プレストン、

ウィルトン・フェルダー等のジャズ・ソウル界の猛者達が完

全バック・アップのこのアルバム

10代にとっては刺激のないクリーン・トーンの応酬だが、

押してばかりが男じゃねぇとばかりに引きも、酸いも甘いも

噛分けた絶妙のソウルフルなギターが堪能できる。

メロウで「コリン」という音色が堪らないジャクソン5の

「ネヴァー・キャン・セイ・グットバイ」、煌びやかでソウ

ルな、ダニー・ハサウェイも取り上げた「アイ・ビリーヴ・

イン・ミュージック」、ダークな「ザ・リアル・ティー」収録。

近年はドリカムのサポートメンバーとして「デヴィ爺」なる

愛称で親しまれているようだが、このアルバムには、稀代の

セッション・ギタリストの穏やかな凄みと恐るべき自己表現

としての音楽を鳴らす気魄が凝縮されている。

2008-07-27

暑苦しい日々が続きますが皆様如何お過ごしでしょうか。

あまりの暑さに只唯気が滅入る日々ですが、

(ということで今回若干手抜き気味)

暑苦しい日々には熱黒しい音楽がハマります。


Shirley Scott & The Soul Saxes

[Shirley Scott & The Soul Saxes]

f:id:hellaco:20080727235312j:image

国内盤 CD

発売日: 2006/11/26

組枚数: 1

規格品番: BOM-24073

レーベル: ボンバ



あまり期待せずに購入したのが現在ヘヴィ・ローテで部屋に

木魂しております。

痛快ファンク・アルバム。全曲カヴァー・インスト。

バーナード・パーディー(ds)、キング・カーティス(ts)

といった「ド」ファンクなメンツが参加しているこのアルバム

管楽器嫌いの俺でさえ、このアルバムでの管楽器隊のあまりの

かっこよさに悶絶。コテコテすぎないシャーリー・スコット(女性)

のオルガンもいい按配で素敵。

ビートルズ「ゲット・バック」、キャロル・キング「ナチュラル・ウー

マン」もいいが、アイズリー・ブラザーズ「イッツ・ユア・シング」、

ベン・E・キング「スタンド・バイ・ミー」が強烈。






で、一方暑苦しい日々には涼やかな音楽もまたハマるもの。




Duke Jordan [Flight To Denmark]

f:id:hellaco:20080727235311j:image

国内盤 CD

発売日: 2008/03/19

組枚数: 1

規格品番: VACZ-1120

レーベル: ビデオアーツ


かつては煩過ぎるハード・バップに紛れてジャス喫茶の定番

アルバムだったようだが、「危険な関係のブルース」が収録

されているという点が何より個人的に重要で、スローに弾か

れるこのバージョン。ちょっと新鮮。他の曲もジャケのイメー

ジ通りのロマンチック且つ物悲しさを秘めた王道ピアノ・トリ

オな音楽が楽しめる。

夏もいいが、これ秋に聴いたら切なくなるぜ、冬もいいな、と

実はオール・シーズン対応わかりやすいジャズ名盤。



それにしても「いつの時代だ!?」的なブルース&サイケ

ロケンロールなBECKの新作、聴きました(ネットで)。

かなり凄いっすね。いやはやかなり俺好みです。

個人的にはナールズ・バークレイのデンジャー・マウスが

プロデューサーというのが一番のポイントか。

こりゃ久しぶりにロックの世界に戻らねばと今から楽しみ。

購入した暁にはまた改めて書きます。

Beck [Modern Guilt]

f:id:hellaco:20080727235310j:image

国内盤 CD

発売日: 2008/08/06

組枚数: 1

規格品番: HSE-70031

レーベル: ILIAD/HOSTESS


前から思ってたけれど、ベックってポール・ギルバードに

似てるな(ギタースタイルではありません、念のため)。