フルシアンテAF このページをアンテナに追加

2008-04-20COC

f:id:hellaco:20080420212844j:image

久々一日ギターを弾いてました。

それにしても、最近つくづくなんちゅうか「いい音」鳴らすっていうのが、

人生経験と直結してるんだな、と日曜夜に一人感慨に耽ってます。

いや、勿論テクも重要よ。

しかし、それ以上に生きてきたなかには色んな出来事があって、

それが所謂「芸の肥し」に一番なるんだな、と年を重ねて実感しております。

以前より全然速くは手、動かなくなったけれど、

音に「艶」を少しは出せるようになった(のか?)。

あと、音楽に対する接し方もおんなじように変わってきたな。

歌であれ、

ギターであれ、

ピアノであれ、

その存在そのものに、

音楽の担い手が心の底に持っている悲しみが、

作為を超えた表現方法としての「音」に結実している音楽が好きだ。

+俺はこれしかできねーんだよ!つうあまりに音楽に対して、

ある意味不器用で、でも切実で真摯な感情の発露にも心震える。


レッチリが好きなのもCOCが好きなのもそうした理由からかも。

ウォーレン・ヘインズがゲスト参加し、あまりに渋く哀愁溢れる

スライド・ギターを披露している"Stare Too Long"に毎回痺れます。



f:id:hellaco:20080420211823j:image

タイトル:アメリカズ・ヴォリューム・ディーラー

国内盤 CD

発売日: 2000/11/22

レーベル: ビクター

組枚数: 1

規格品番: VICP-61210