フルシアンテAF このページをアンテナに追加

2008-07-27

暑苦しい日々が続きますが皆様如何お過ごしでしょうか。

あまりの暑さに只唯気が滅入る日々ですが、

(ということで今回若干手抜き気味)

暑苦しい日々には熱黒しい音楽がハマります。


Shirley Scott & The Soul Saxes

[Shirley Scott & The Soul Saxes]

f:id:hellaco:20080727235312j:image

国内盤 CD

発売日: 2006/11/26

組枚数: 1

規格品番: BOM-24073

レーベル: ボンバ



あまり期待せずに購入したのが現在ヘヴィ・ローテで部屋に

木魂しております。

痛快ファンク・アルバム。全曲カヴァー・インスト。

バーナード・パーディー(ds)、キング・カーティス(ts)

といった「ド」ファンクなメンツが参加しているこのアルバム

管楽器嫌いの俺でさえ、このアルバムでの管楽器隊のあまりの

かっこよさに悶絶。コテコテすぎないシャーリー・スコット(女性)

のオルガンもいい按配で素敵。

ビートルズ「ゲット・バック」、キャロル・キング「ナチュラル・ウー

マン」もいいが、アイズリー・ブラザーズ「イッツ・ユア・シング」、

ベン・E・キング「スタンド・バイ・ミー」が強烈。






で、一方暑苦しい日々には涼やかな音楽もまたハマるもの。




Duke Jordan [Flight To Denmark]

f:id:hellaco:20080727235311j:image

国内盤 CD

発売日: 2008/03/19

組枚数: 1

規格品番: VACZ-1120

レーベル: ビデオアーツ


かつては煩過ぎるハード・バップに紛れてジャス喫茶の定番

アルバムだったようだが、「危険な関係のブルース」が収録

されているという点が何より個人的に重要で、スローに弾か

れるこのバージョン。ちょっと新鮮。他の曲もジャケのイメー

ジ通りのロマンチック且つ物悲しさを秘めた王道ピアノ・トリ

オな音楽が楽しめる。

夏もいいが、これ秋に聴いたら切なくなるぜ、冬もいいな、と

実はオール・シーズン対応わかりやすいジャズ名盤。



それにしても「いつの時代だ!?」的なブルース&サイケ

ロケンロールなBECKの新作、聴きました(ネットで)。

かなり凄いっすね。いやはやかなり俺好みです。

個人的にはナールズ・バークレイのデンジャー・マウスが

プロデューサーというのが一番のポイントか。

こりゃ久しぶりにロックの世界に戻らねばと今から楽しみ。

購入した暁にはまた改めて書きます。

Beck [Modern Guilt]

f:id:hellaco:20080727235310j:image

国内盤 CD

発売日: 2008/08/06

組枚数: 1

規格品番: HSE-70031

レーベル: ILIAD/HOSTESS


前から思ってたけれど、ベックってポール・ギルバードに

似てるな(ギタースタイルではありません、念のため)。