ストーン・テンプル・パイロッツ

ストーン・テンプル・パイロッツ

ストーン・テンプル・パイロッツ

関連バンド

Stone Temple Pilots


カリフォルニア州サンディエゴ出身の四人組日本では主に「ストテン」と呼ばれる。

92年にアルバム「Core」でデビューを果たし、大ヒットを収めるが、音楽性などが当時流行っていたグランジに似ているために、二番煎じ揶揄されることも多かった。

また、フロントマンのスコット・ウェイランドドラッグ癖の悪さのために、バンドは不安定な状態に陥り、一度は関係が修復したかのように思えたが、結局、2003年ベストアルバム「Thank You」をリリース後、スコットがVelvet Revolverに加入したためにバンドは解散。

90年代半ばのころはRHCP、特にアンソニーバンドのことを批判することが多かったが、スコットとはドラッグ癖の悪さで共感することも多かったのか(?)、2000年RHCPCalifornicationツアーではドラッグリハビリを終えたスコットの復帰ツアーもかねて一緒に廻った。なお、RHCPメンバーが同ツアーモヒカンにしたときに、スコットも一緒にモヒカンにした。

メンバー

アルバム

  • Core (1992)
  • Purple (1994)
  • Tiny Music... Songs from the Vatican Giftshop (1996)
  • No.4 (1999)
  • Shangri-La Dee Da (2001)
  • Thank You (2003)