デヴィッド・ガーン

デヴィッド・ガーン

David Gahan

Dave Gahan

デイヴ・ガーン

関連人物

デペッシュ・モードのシンガー。1962年5月9日生まれ。

略歴

1980年にデペッシュ・モードに加入。

彼の憂いのあるバリトン・ヴォイスはバンドには欠かせないものであり、ファンにも後続のバンドにも非常に定評がある。ライヴでのパフォーマンスも見所のひとつ。

基本的にデペッシュ・モードの曲はマーティン・ゴアが作詞作曲を手がけていた為に、自らを〈操り人形〉と自嘲しており、自分のヴォーカル・スタイルに対してあまり執着を見せていなかった。が、ソロデビューに際し自ら曲を手がけた事によって、ヴォーカリストおよびミュージシャンとしての才能を世に示した。

RHCPとの関係

ジョン・フルシアンテも彼の信奉者の一人。(詳しくはデペッシュ・モード参照。)

ジョンは彼の2ndソロ・アルバム『Hourglass』に収録されている“Saw Something”に参加。また2007年に行われた〈MusiCares Map Fund Benefit Concert〉おいてデヴィッドのステージにて共演した。

アルバム

  • 『Paper Monsters』(2003)
  • 『Hourglass』(2007)

リンク