バイ・ザ・ウェイ(アルバム)

バイ・ザ・ウェイ(アルバム)

バイ・ザ・ウェイ(アルバム)

リリース

2002年

曲目

  1. By The Way
  2. Universally Speaking
  3. This Is The Place
  4. Dosed
  5. Don't Forget Me
  6. The Zephyr Song
  7. Can't Stop
  8. I Could Die For You
  9. Midnight
  10. Throw Away Your Television
  11. Cabron
  12. Tear
  13. On Mercury
  14. Minor Thing
  15. Warm Tape
  16. Venice Queen?

エピソード

  • 前作「Californication」ではまだリハビリ途中といった感じであったジョン・フルシアンテが完全に復活。ギターだけにとどまらず、コーラス、シンセサイザーの使用等、彼の個性が非常に押し出されたアルバムとなった。
  • 今作の制作過程においてジョンフリーが制作面において対立。フリーはバンド脱退をも考える程、関係は悪化していたらしい。その後、軋轢を乗り越え和解に至る。