フェイス・ノー・モア

フェイス・ノー・モア

フェイス・ノー・モア

関連バンド

Faith No More

サンフランシスコ出身のバンド。結成は1982年

ヘヴィ・メタルファンクプログレッシブ・ロックなどを飲み込んだサウンドとマイク・パットンの来日時の飲尿などの変態パフォーマンスで人気を博した。「Epic」が代表曲。

RHCPと並んでミクスチャーロックの代表格。1997年解散。

解散後マイク・パットンはFNMと掛け持ちしていたバンドMr. Bungle(2004年解散)、独自のレーベルIpecac公式サイト)を設立、Fantomas、Tomahawkをはじめ、Bjorkアルバムに参加するなど多岐にわたって活動している。

ドラムマイク・ボーディンは現在、オジー・オズボーン?バンドドラムとして活躍している。

マイクヴォーカルとしての表現力は高く、IncubusKornSystem Of A Downなど彼に影響を受けたバンドは多数存在する。

なお、バンドヴォーカルとして、一時期コートニー・ラヴが加入していた事もある。

メンバー

アルバム

  • We Care A Lot (1985)
  • Introduce Yourself (1987)
  • The Real Thing (1989)
  • Live at Brixton Academy (1990)
  • Angel Dust (1992)
  • King For A Day, Fool For A Lifetime (1995)
  • Album Of The Year (1997)
  • Who Cares A Lot (1998)
  • This Is It : The Best Of Faith No More (2003)