フー・ファイターズ

フー・ファイターズ

関連バンド

Foo Fighters

ニルヴァーナのドラマー、デイヴ・グロールが中心となり結成したバンド。


コマーシャルなハード・ロックの強いフックと、いわゆるグランジのダークなトーンを見事に融合させたサウンドが支持を得て、現在のアメリカを代表する正統派ロック・バンドとなった。結成当初はデイヴ・グロールのソロ・プロジェクトとしての側面が強かったが、テイラー・ホーキンス?やクリス・シフレットといった個性的なメンバーの加入により、現在はバンド独自のサウンドを確立している。

2008年6月にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行なわれたライヴに、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョンズが飛び入り参加。デイヴ、テイラーと共に“Rock & Roll”と“Ramble On”を演奏した。

2008年末にバンドの無期活動休止を宣言したが、2009年2月の段階で既にニュー・アルバムの構想があることを明らかにしており、そう遠くないうちに活動を再開するものと思われる

RHCPが2000年に行なった北米ツアーに参加。その様子はグレイテスト・ヒッツDVDやオフ・ザ・マップで垣間見ることができる。また、MTVの豪邸紹介番組「Cribs」でドラムのテイラー邸が紹介された時、なぜかチャド・スミスがビール片手に一緒に参加していた。

アルバム

メンバー

元メンバー

  • パット・スメア (Gt. 現在もツアーのサポートとして参加)
  • フランツ・スタール (Gt.)
  • ウィリアム・ゴールドスミス (Ds.)

* はてなダイアリーキーワード:フー・ファイターズ