ブラック・フラッグ

ブラック・フラッグ

関連バンド

Black Flag

LAのハードコア・パンクバンド。1stシングル「ナーヴァス・ブレイクダウン」続く「ジェラス・アゲイン」で騒々しくて速い、そして刺々しい、ウェスト・コースト・ハードコア・サウンドを確立した。バンドのラインナップは何度も変わった(伝説的なサークル・ジャークスを結成したキース・モリスの脱退を含む)が、最も印象に残るのは、ポエトリー・リーディングの詩人/作家/オルタナティヴ・ヒーロー/GAPのモデルも勤めるヘンリー・ロリンズの加入である。初のフルアルバム『ダメージド』が発表されると、ロリンズの影響は明確になった。ブラッグ・フラッグの活動は非常に盛んで、年に3枚のアルバムを発表する事もあったが、リーダーであるグレッグ・ギンがインディーズ・レーベルSSTを中心とした活動をする為、86年に解散した。

後続への影響は多大でRancidGreen Dayなどのネオ・パンク勢やRHCPNirvanaなどのオルタナティヴ・ロック?勢は勿論、MetallicaSlayer、Panteraなどのへヴィ・メタル勢への影響も多大である。

* はてなダイアリーキーワード:ブラック・フラッグ