メガデス

メガデス

メガデス

Megadeth

アメリカのヘヴィメタルバンド。メタリカメンバーであったデイヴ・ムステインが1982年に結成。

メタリカアンスラックススレイヤーと共に「スラッシュ四天王」と言われている。

大きな特徴は複雑な曲にあり、自身は「インテレクチュアル・スラッシュ」と名乗っている。


略歴

素行不良によりメタリカを解雇されたデイヴ・ムステインがベーシストのデイヴ・エルフソンと共に1982年に結成。

84年に『Killing Is My Business... And Business Is Good!』でデビュー。この頃よりメタリカ以上に複雑で難解な音楽性をスラッシュメタルに取り入れ、86年の『Peace Sells... But Who's Buying?』で確立。

ムステインのドラッグ禍など、様々なトラブルによりエルフソン以外のメンバーが常に流動的であったが、マーティ・フリードマン、ニック・メンザが加入した90年の『Rust in Peace』をリリース。これが大きく注目を浴び、続く92年の『Countdown to Extinction』が全米2位の大ヒットとなり、一躍ヘヴィメタルシーンを代表するバンドとなった。

2002年にムステインの腕の怪我が原因として一度解散したが、2004年の『The System Has Failed』をムステインのソロアルバムとしてリリースしようとしたところ、レコード会社の要望により、メガデス名義でリリース。これが結果的にメガデスの再結成となり、現在も活動中。

RHCPとの関係

詳しくはMD.45を参照

メンバー

現在のメンバー

  • デイヴ・ムステイン
  • クリス・ブロデリック
  • ショーン・ドローヴァー
  • ジェイムズ・ロメンゾ

元メンバー

  • デイヴ・エルフソン
  • マーティ・フリードマン
  • ニック・メンザ
  • クリス・ポーランド

アルバム

  • Killing Is My Business... And Business Is Good! (1984)
  • Peace Sells... But Who's Buying? (1986)
  • So Far, So Good... So what! (1988)
  • Rust in Peace (1990)
  • Countdown to Extinction (1992)
  • Youthanasia (1994)
  • Cryptic Writings (1997)
  • Risk (1999)
  • The World Nees a Hero (2001)
  • The System Has Failed (2004)
  • United Abominations (2007)

* はてなダイアリーキーワード:メガデス