Mother's Milk

Mother's Milk

Mother's Milk

リリース

1989年8月16日

ゲスト・ミュージシャン

曲目

  1. Good Time Boys
  2. Higher Ground
  3. Subway To Venus
  4. Magic Johnson
  5. Nobody Weird Like Me
  6. Knock Me Down
  7. Taste The Pain
  8. Stone Cold Bush
  9. Fire
  10. Pretty Little Ditty
  11. Punk Rock Classic
  12. Sexy Mexican Maid
  13. Johnny,Kick a Hole In The Sky

2003年リマスター版ボーナストラック

  • Song That Made Us What We Are Today (demo)
  • Knock Me Down (original unedited version)
  • Sexy Mexican Maid (original unedited version)
  • Salute to Kareem" (demo)
  • Castles Made of Sand (Jimi Hendrix)
  • Crosstown Traffic (Jimi Hendrix)

エピソード

  • 当初のタイトル候補は「Rockinfreakapotamus」だったが結局没になり、後のRHCPファンクラブの名称となる。
  • それまでレコーディング経験がなかったジョンベインホーンと終始そりが合わなかったよう。その影響か、アンソニーベインホーンと不仲になり、結局完成した楽曲は38分にも満たなかった為、『Abbey Road EP』から「Fire」、チャド加入前にフィッシュボーンのドラマーのフィッシュと録音された「Taste The Pain」を収録させ完成した。
  • プロデューサーのマイケル・ベイホーンは、コントロール・フリークであるために、ジョンは何度も同じフレーズを繰り返し弾く事を強制された。そのために、一時期ジョンはこのアルバムを貶す発言をインタビューでしていた事もある。
  • 初期のジャケットでは現行のジャケットよりもメンバーの体が小さい。これは初期製造分のジャケットにクレームが付いたため、EMIメンバーの体を大きくした修正を施したためである。
  • このジャケットが出来上がった時に販売促進用としてのポスター2、3千枚は女性の乳首が隠れていないバージョンがあり、そのポスターにメンバーが卑猥なジョークを書いた。それに気づいたモデルの女性は訴えを起こし、5万ドルを手にした。
  • Higher Groundはスティーヴィー・ワンダーのカヴァー
  • ビルボード・チャートでは53位をマーク。(1989年8月26日付)なお、このアルバムから世界中で売れるようになり、最高位はオーストラリアでの33位。
  • 1990年までに売り上げは50万枚に達した。