Hatena::Groupredhotchilipeppersfan

きく月記

2016-01-30 (土)

[]ひろいもん


もうこの頃には、バンド再結成は決まっていたと思われるね。

エマちゃんが「吉井」って呼ぶとこ、好きだわ~~~。

この4人の中では吉井は完全に三男坊なんだよね。

末っ子のアニーをいじるとこも。

2015-02-19 (木)

[]かっこいい人

リアルタイムで見てた、シーナ&ザ・ロケッツ。

この時代、RCYMOとシーナ&ザ・ロケッツの3バンドのイベントとかあってたんだよねー。

田舎に住んでた私にはとおーいとおーーーい出来事だったのだけど。

いつだったか、全然覚えてないけど、どっかで生のステージを2度ほど見た事があって

その時のシーナのかっこよさったら、スゴかったのよーー。

真っ赤なエナメルのワンピースを着てる、もちろん超ミニ。

その姿でステージの最前に、大股開きでがっっっl!!と立つ姿は、

あわわわ!!姐さん!スカートの中がヤバイです!!!と思うと同時に

あのピンヒールでがっつり踊る姿が、わーーー!!マネできないーーーー!!と

かっこよさに、しびれる体験でしたよ。

人は見た目じゃないって言うけど、ひととなりとその生き方は、見た目に現れるよね!!

2014-08-24 (日)

[]つられてアンジー祭り

ついったでアンジーの話をしたことから、脳内でアンジー再生祭り。

2014-02-11 (火)

[][]WOWOWに加入してて良かったよ

今月は、WOWOWが活躍している我が家。

昨日は、吉井ちゃんが福岡でやった年末のライブの放送日でした。

自分が行ったライブ映像見るの、いろいろ想い出して楽しいね。

いやーーー、このライブのシビレどころは、1曲目がイエローモンキーの

シングル1作目の「Romantist Taste」で始まるところですよ!!

このタタタタタタタタとドラムのイントロで思わず右手が斜め上に

上がっちゃう人は、昔からのファンの人ね(もちろん私も)

この曲の不思議な旋律のイントロといい、独特の意味不明歌詞とか

もーれつにイエローモンキーらしい曲で大好きなんですもん。


WOWOWライブ映像はカメラワークがいいと聞いてたけど、ほんとに

「そうそう!そこ撮ってほしかったの!」ってとこをちゃんと捉えてて

しかも絶妙の角度でアップしてくれたりしてるのが、拍手!!!

「背中のネジをフルに回そう」の回してる手つきをちゃんと背中側から

撮ってたり、「so young」の放心状態の目をおさえてたり。

まあ、吉井ちゃんに関しては、またライブ行きたい!!と思えないとこが

寂しいとこではありますが。。。。


そして、その放送の後からは「シティボーイズノテツガク」という

番組が~~~!この3人のおじさまたちが会話してるの聞くのが

大好きなのに、テレビで観れるなんてひっさしぶり!

http://www.wowow.co.jp/extra/otona2/lineup/140209.html

投票によって、今後レギュラーになるか決まるらしいけど

ぜひぜひレギュラー化を!!

この超個性的な3人を巡り合わせてくれた運命に感謝!

3人のしゃべりは、ゆる~くでもふかーく、まさにテツガクテキ。

2013-08-19 (月)

[]はるー

どなたか存じませんが、よくぞアップしてくださいました。。

ありがとうございます。(´;ω;`)

2013-07-08 (月)

[][][]お久しぶりだわー

もう7月に入ってました!梅雨もあけて何?この暑さ!!

こんなに暑いと、外をウォーキングってのも逆に体に悪いような気がする。

ってか、暑くて歩けない~~っっっ。

またスパムのせいで勝手にあがってやがったわ~~~。

で、思い出したように、ざっと昨今何やってたかメモっておこう。


まずね、5月末から体調が悪くなり、今もそれは続いているのだけど

「手足のしびれ」「ふらつき・頭痛」「だるい・息苦しい」が起こり

近所の脳経外科に行ってMRI撮ったりしてたんだけど、

結局大きい病院に紹介状持っていくように言われて、行ってきたのね。日赤に。

先生からも「早く行きなさい」って言われてたんですぐ予約して行ったのだけど、予約してMRI画像も持って行ったのに日赤の医者は

「うーーん。うちでもMRI取るから7月○日に来て下さい」ってよ。

え?今5月だよ??@@先生から早く他の検査もするように言われたと

伝えるも「うーん。。言ってる事はわかるけどね・・」って。

「けどね」ってなんだよ!?と思いつつ、待つことに。

いやー、更年期なのか精的なものが原因なのか、または脳血管系なのか。

原因わかりませんが、いずれにしろ自分の健康を見直す良いきっかけに

なったことは確か。今後どうなるのかなぁ・・

6月は、初めてルミネTheよしもとへお笑い観に行ってきましたよん。

テレビで吟じてるとこしか見た事なかった人の漫才が意外と面白かったり

全然知らないベテランコンビがいい味出してたりと発見もあって楽しかった!

あと、以前から一度行ってみたいと思ってた「フランス映画祭」に行けました!

オープニングセレモニーの後、大好きなフランソワ・オゾン監督の新作「IN THE HOUSE(仮題)」が観れて、しかも上映後にはオゾン監督と主役のイケメン俳優が舞台に登場して質疑応答があるっていう、1枚で3倍楽しめるチケット取れたの~~~~。しかも席がA列だった!

オープニングセレモニーでは、たくさんの監督や俳優が勢揃いで、

舞台上がすごいオーラ!!トリュフォーやゴダール作品にも出てる

フランスの大女優ナタリー・バイや、ジャック・ドワイヨン監督と

その娘で今回映画の主役のルー・ドワイヨン、母親のジェーン・バーキンにそっくりだったわ~~。

あと、私が今一番好きな女優、リュディヴィーヌ・サニエが目の前に!!

もう顔がめっちゃ小さくってキラキラしててかわいい!

実生活では2人の娘のママで33歳ってことだけど、

いやいやもう、黄色いドレスが似合うお人形のようにステキだったわ~~♥

オゾン監督の映画は、もうぐっと引き込まれる面白い作品で、

フランス映画になんとなく暗い、愛のドロドロ、哲学的とかマイナスイメージ持ってる食わず嫌いの人には、ぜひオゾン作品を見てイメージ払拭してほしいわー。実はもう次の作品も出来上がってるんだよね。楽しみ!

実はわたくし、6月後半に福岡に用事で帰ったのだけど、タイミングよく

フランス映画祭IN福岡の開催と重なってたのでチケット取って観ました!

ジャック・ドワイヨンの「アナタの子供」。しかも上映後は監督との

質疑応答あり!ひゃっほ~~~! 映画はドワイヨンらしい愛の映画

でも、主役のルー・ドワイヨンの風のようなふわっとした印象のおかげで

全然暗い感じは無く、しかもラストが予想外のすっごいハッピーエンドで

見終わった後の清々しさがとても心に残る作品でした~~~。

撮影はレナート・ベルタだと後で知ってすごく納得。

ドワイヨン作品は、日本で大ヒットした「ポネット」でわかるように

子どもの取り方が「これ、ドキュメンタリー?」と思うほど自然なのだけど

今回も子役が素晴らしかった!子供なのに女を感じさせる部分と、

思い切り子供らしい部分の両方が見られて魅力的だったわ。

その後の質疑応答では、私も監督に直接質問することができてラッキー!

今回、実の娘を主役にした経緯とか聞いたのだけど、低予算での映画作りを

強いられ撮影期間も3~4Wしかなかったため、身近な人に頼もうという事になり娘を主役にしたとの事で、ドワイヨン監督のようなベテランでも、

映画を取るのは厳しい環境なのが今のフランス映画界だそうです。

後は、ワンシーンを20~30回程繰り返して、その苦しみの次の所に

素晴らしい演技があること、今回の子役は非常にファンタジーを持った子で

採用した事などを話してました。

ただ、最初の質問したおじさんが知ったかぶりを自慢したかったのか

「奥様は元気ですか?ジェーン・バーキンは」と聞いて会場が一瞬凍りついた時は「おっっさんっっ(怒)!!」とつっこみたかったわー!

冷静な司会者が「既に離婚されてまして・・・」ってさらっと言ってくれて

その後監督自身が「今は彼女については話すことはありません」ってオトナの対応してくれたからよかったけど。。会場に今の奥様と子供がいたのに・・

で、福岡帰省した初日、ライブにも行ってきたの~~。

くるりとOKAMOTO’Sの対バン。OKAMOTO’Sは前から見てみたかったけど

さすがにワンマンはなー。。と思ってたのでラッキー!

生で見たのは初めてだけど、数々のライブを行った成果っていうか

ライブで成長してるなーって印象でした。

普段おっさんバンドばっかり観てるから、無駄なくらい(*^o^*)動く

そのステージングは「若い!」でも演奏は噂通りばつぐんでした。

ただ、歌詞も若いので私らおばさんにはちょっと小っ恥ずかしい感じ。

あと前から弱いなーと思ってたボーカルがいい意味で大人になってた。

ルックス良いし、まわりの若女子は「かっこいいー」ときゃあきゃあ

言ってたけど、、、なーんか足りないなぁって思うのは私がおばさんだからかな。きっとそうよね。うん。

2013-05-20 (月)

[][]うわーーーーん!!

ほう・・やっと気持ちが落ち着いたので、改めて感想を自分のために

メモっておこう。いやーー。こんなにいろんな気持ちが交錯して

泣いたライブは無いと思う。実際は映画館での鑑賞なんだけど。

座って見たから、余計にいろいろ考えたのかな。

2013.5.18 TOUR2013 GOOD BY YOSHII kAZUYA

スクリーンには、生中継が始まる前に、吉井のHPサイト関連の

動画が映ってたんだけど、そこに先日あったイベントの映像が映って

吉井&アニーの姿が。バンド解散して10年近くたつけど相変わらず

仲良しなこのメンバー。お互い年取ったよなぁ・・・

今回のセトリに沿って、感想を書いていきますよ。

強烈に長いので、たたみます。


1 トブヨウニ

ソロになっても「真っ暗」な状況が続いていたけど、いきなりPVがゴルフ場、しかも途中で服脱いで上半身裸を見せるというある意味貴重!なシーン。でも、それがかえって「本人もなんとかしなくちゃと自覚はあるけど、どうしていいかわからずもがいてる。ちょっとやけくそぎみ」な印象で。

見てる方も今度どうなるのかなーと思ってた当時。でも曲としては、光が

かすかに見えてきたのでは?と感じてた。曲は当時から好きだったけど。

歌詞の中の

「どうしたのうつむいて どうしたの振り向いて

過去も未来もここにはないんだよ

徐々にで そう徐々にでいいから

もっと重たいもの持てるよ

もうやめたい?終わらせたい?

でも信じたいからここまでついてきたんだろ?

捨ててしまったもの戻ってこないけれど」って言葉は、

バンドを終わらせた自分と、これからの自分の葛藤そのもの。

この曲を今回1曲目に持ってきたってことが、これらの自問に自分で

答えたが出たってことなんじゃないかなーと思った。

2 点描のしくみ

これ、最初聴いた時、えーー今度はこっちか?とピンと来なかったけど、

ほんとは得意分野よね。ライブではタンバリンを叩く姿とその手先!!

これにつきます~~~。

3 I WANT YOU I NEED YOU

正直、ソロになってこの手の曲があまり好きではなかったのねー。

なんかドタドタもたついてるっていうか、もどかしいっていうか。

しかも当時のライブでは振りまでついてて(゚д゚lll)と思ってた。

今でもセトリから外してもらっても(以下略)

4 ゴージャス

きたよーモンキーの曲。でも、もはやソロ曲もバンド時代の曲も

温度差を全然感じなくなった。

以前は「浮いてる=やっぱこっちがいい」って感じたバンド曲だったけど

今の吉井がやると全部「吉井の曲」に完全になってる。

ここまでくるのに10年かかったんだねぇ・・感慨深いな。

5 CALL ME

歌詞「俺でよけりゃ必要としてくれ」って、やっと外に向けた歌詞

出てきたなーと思ったけど、実際はまだ自分に向けてると感じて

まだまだリハビリ感を感じた曲。ライブで初めて聴いた時は泣いたなー。

6 朝日楼(朝日のあたる家)

これ、ちあきなおみのカバーで歌詞が浅川マキなんだよねー。

娼婦に落ちた女の歌だけど、こういう哀しみを背負った女を歌わせたら

ほんと右に出るものはいないのよ!この46歳のおっさんの他には!

「こんなになったらおしまいだってね」と歌った瞬間のスクリーンに映る

吉井の顔は、まさに娼婦の女の目をしていて、ぞくっっとした!

こういう「のりうつった」時の吉井は最高に良い!!

7 シュレッダー

この曲も好きになれない曲代表だったんだよねーこの日までは。

プライベートで家族と別れた時期に関連してるのではと思われる歌詞

当時真っ青に目の周り塗ってTVに出たのを見た時も

「あーまだもがいてるんだなー」と悲しくなった記憶がある。

でもでも、今の、この日のシュレッダーは全く別物に聴こえた!!

ライブでも何度も聴いた曲だけど、私には初めてほんとに伝わった!って

気持ちになって、涙が溢れてきた。今の吉井が自分が自分であることを

認めた上で、この歌を歌ってるんだってのがじんじん伝わったから。

8 LOVE&PEACE

3・11の大震災以降に生まれた曲は、今までのいろんな自分の葛藤ではなくて、

完全に外に向けて、自分以外の人に向けて作られた曲で、

歌詞もメロディもスッコーンと抜けて素直で優しいのでびっくりした。

これを書けた吉井になんかすごく希望を感じたのよね~~。

この日はもう~~愛に溢れてほんわかピンクでキラッキラしてた。号泣。

9 雨雲

地味だけど、ソロだからできた曲だとも思うこの曲、結構好き~~。

歌詞は、家を出た自分から子どもたちに向けた歌詞じゃないかと

勝手に思ってるのだけど、親ならではの愛に満ちた曲だと思うなー。

LOVE&PEACEから雨雲って、その大きな愛に泣けたわ~~~。

10 HATE

この歌詞も自分の母親と、子どもたちに関連した歌詞だと思うのだけど

自分である事に腹くくった今歌われるこの曲は、偏ったもやもやな感情を

交えずに「いい曲だな」って聴けた。客観的に見て、こんな歌詞

書ける吉井の素晴らしさに感心したわー。

11 Working Class Hero

ジョン・レノンの曲に勝手に吉井が日本語の歌詞を付けたカバー。

この歌詞の「中卒で太ってて母親ホステス」ってまさに吉井の事を

歌ってるのだけど、洋楽に勝手に日本語の歌詞つけて歌うシリーズで

完全に自分の曲にしてるってのは清志郎と吉井、どっちも天才!

12 CALIFORNIAN RIDER

LOVINNSON時代の曲で、聴いた瞬間からすぐに好きになったか数少ない曲。

「小さい魔送球 背番号3に投げて 父ちゃんに殴られ トランペットむせび泣く」って

この歌詞が出ただけでもう充分です!ライブで聞けて嬉しかったわ~~~。

13 Don't Look Back in Anger

洋楽に勝手に歌詞つけるシリーズの代表曲。この日本人くさい歌詞最高。

本家からも許可降りたそうで良かった良かった。

「家族は仲良しでいるかい?いじめとかにあってないかい?

君が大事にしているものほど これからもさらに奪われていくだろう

でも生きていかなくちゃ そう 誰にもみえない未来を行かなくちゃ」

これ完全にお父さん目線だよね。でも愛に溢れてるよね。

世界中から愛されるこのメロディでこの歌詞。号泣~~~~~。

許可してくれてありがとう眉毛兄~~~。

14 4000粒の恋の唄

吉井の「豹変とりつかれシリーズ」の代表曲じゃないですか!!

しかもエメラルドの指輪はめましたよ!!この曲の時だけ!

船のライトが揺れる映画のシーンのような演出で、いいに決まってるじゃ

ないですか!!だから人生に疲れた哀しい女を歌わせたらこのおっさんの

右に出るものはいないんだよ~~~~~~~!!

15 BEAUTIFUL

とっても素直で愛に満ちたLOVESONGだよねー。このセトリ全体も

そうだけど、このツアーは自分が「吉井和哉である」って事を受け入れて

そうなるまで約10年かかって、その葛藤の中で生まれた曲たちが

実は今現在の自分に向けてのような、自分を認めていいんだよって

いうような、予言のような曲たちがいっぱいあったんだなって

よくわかったライブだったなー。

16 BELIEVE

前記に書いた「予言のような」って事の象徴だったのが、この歌詞

何度も繰り返される「I BELIEVE IN ME」って、曲が出た当時は

「自分を信じたい」って望みの意味が強かったと思うんだけど、

この日の歌は「自分を信じる」って確信に変わってたと思うのね。

17 HEARTS

http://youtu.be/WnIKcPxxoGE

この曲が、ツアーファイナルの福島で歌われたって事がとってもとっても

意味を持って聴こえて、泣けて泣けてしょうがなかった。

「次の場所へ さよならごめん 迷わず飛べ」って言葉が、

哀しみを抱えたいろんな人へ、そして自分に向けての大切な言葉だわ。

そして今回のツアータイトル「GOOD BY YOSHII kAZUYA」を象徴していたと思うなー。

18 LOVERS ON BACKSTREET

やると知ってたけど、ほんとこのライブで聴けてよかった~~~。

初めて吉井が作った曲が、既に娼婦の歌っていう、

でもこの歌詞もメロも曲作りのノウハウを知らないからこそできる

天才!最初にこの曲が生まれてくるって、やっぱ天才!

「あなたが醜いブタでもいい 困ることなど何もない」といいつつ

「あなたにもお花をあげましょう」ってこれが全てよね!

そして今回のこのライブもいろんな人にお花をあげるライブだったわー。

19 バラ色の日々

ラバーズの後にこの曲って、もう号泣しすぎた~~~~~~!!

この曲が出た頃、個人的にも人生の困難が降ってきた時だったので

その時のことも走馬灯になってたまらない気持ちになった。

でもやっぱ何度聴いても名曲!バーニーのギターも冴え渡ってた!

初めて「ギターソロ、エマちゃんじゃなくても許す!」って思えた。

20 WINNER

今まで、この曲の良さが全然理解できなかった。なんでこの曲を

シングルにしたん?って文句言いたいくらい好きじゃなかった。

でも、この日のライブで初めて感動した。

それは今の吉井が歌ってるから、全然別の曲に聞こえるってのに尽きる。

21 WEEKENDER

この曲もソロライブのクライマックスでよく演奏されるけど、

なんかイマイチだなーと思ってたのよねぇ。

でもこのライブで、私が好きなグルーヴになって聞こえてきた。

バンド感あふれる演奏になってたと思う。そしてこの曲を歌う吉井の顔が

5歳児の子どもの顔にみえた。くったくの無いあの笑顔!!

途中、吉井も泣いてたよね??

22 Shine and Eternity

これは最初聴いた時から「吉井、これができたのなら今後もだいじょぶ!」

と思った大好きな曲。太陽のような光と温度に満ちあふれた曲だから。

スクリーンに映った吉井の顔を見ながら

「よかったねー吉井、ここまでこれてよかったねー」と嬉し泣きした~~

23 FLOWER

http://youtu.be/F8pRUy-yxy8

いやーもう、このライブ、映画館とはいえ生で観れてよかったーー

なんなのこの幸福感。福島の会場にいる人たちもいい顔してるけど

この映画館の中もほんわか満ち足りてる幸福感。

24 血潮

この人の曲には血縁という意味の「血」をテーマにした曲が多いけど

フラメンコギターとは!BURNを思い出したのは私だけではないはず。

今回のライブでは、アカペラですよ!!最後にアカペラ!

「今はそっとしといて 頑張れって何度も言わないで

 無理矢理に連れてこうとしないで」って、震災の被害に遭われた方には

特に響いたのではないかしら。。。

この声といい歌の発する力といい、今の吉井はボーカリストとして

過去最高の状態と思うし、そう感じた人いっぱいいると思うな。

これで最後と思われたけど、あと1曲って。。この後に来るのは

あの曲しかないよね。

25 JAM

やっぱりJAMでした。バンド時代から代表曲となってるけど

当時からそれほどぎゃーーーーー!!と思わなかったんだけどね。

でも、今、吉井が歌うJAMはバンドとかソロとかそういうのとっぱらって

素直に、いい曲だなーと聴く事ができた。

今まで吉井のライブを何度も観てきたけど、今回ほど感動したライブは

記憶に無い。その他何十年もライブ観てるけど、

今回ほどココロを揺さぶられて感動にむせびないたライブも無いと思う。

同じ時代を生きててよかったよ。

ソロになってから、媒体を一切拒否、最初のシングルジャケがジャージに

サングラスで顔を手で押さえてるって「拒絶」しきってるし(笑)

やっと行った初ライブは、ステージライトが暗い上に、本人も黒い服で

見た目真っ暗、「俺を見ないで」的なステージを見て、多くの人が

出てきてくれたけど「心配」だったはず。その男が10年自分と葛藤して

自分と向き合って認めて、心から外に向かって放ったのが今回のベストと

ツアーだったと思う。ここまできたんだよねー。やっと。

きっと、この男の人生に寄り添ってその音楽やライブや発言に

一喜一憂しながら生きてる人がたくさんいると思うのね。

昔しぶやさんが記事で「モンキーのファンはバンドとファンじゃなくて

イエローモンキーと私って生きてる」みたいな事書いてたけど、

ほんとその通りだと思うわ。

2013-05-17 (金)

[]急に聴きたくなったので

フルでアップしてあったわー。

10代後半でT-REXが大好きになって、中古レコ屋に通って

LP(あえてこう呼びたい)をがっつり集めてましたのよね。

グレイト・ヒッツ

グレイト・ヒッツ

このアルバムは一家に一枚あって良いと思ってるんだけど、

なんと!こんな物も出るのね?

もう無いバンドなのに、@@周年とか言うのっかり商売には

あまり興味が無いので買いませんけど。

でもまだ需要があるということなのかしらね。

この時代のアルバムって、全体的に短いのも良いですね。

何度も繰り返して聴きたくなる。

今のおうちには、音楽を鳴らして聴く機器が無いので

PCに保存したのをi-podで聴いてる。

そのうち何か買おうとは思ってるのだけど、思い切って

アナログ盤聞ける環境にしちゃおうかな。

東京の方が、レコード屋が多そうだし。

しかし、なるべく物は増やしたくないのだけど・・うーーむ。

2012-12-02 (日)

[]うーぬ。

来年の12月28日は吉井武道館じゃなくて、福岡でライブとな!

うーむ。そーなのか。昨日福岡でライブがあったのだけど行ってない。

モンキーだと昔の映像見ても、ソロでやってるモンキー曲聴いても

テンション上がるのに、ソロ曲だとどーも曲がはいってこないのよねぇ。

なんつーか、ピリっとくる毒がないっつーか。

もたつく感じがどーもね。普段日常でアルバム聞こうと思わないもんね。

好きなのに、音楽がどーもピンと来ないってなんかモヤモヤ。

うーららうーららうーららうー、こういう毒ね。

で、今とても自分的にグッと来てるN'夙川ボーイズ。

なんと22日に長崎で対バンありでライブあるんだってーー!

あーーその日はわたくしなんとなくサンパレスのチケ買っちゃったのよねぇ。。まあそのうちご縁があるでしょう。


この、ベースレスで各パートがジャストで音出してない微妙なズレ感が

面白みを増してるし、なんといってもこのメロディセンスが抜群。

こじゅこじゅ2012/12/05 00:10岸田くんがtwitterで、夙川ボーイズを聴いて眠れないとか、物語はちと不安定がイイとかつぶやいてました~!びっくり!
今度、大阪でカエラ主催のライブで対バンするから予習したんでしょうね。行きたかった!でもド平日だから無理!

きくきく2012/12/07 21:00それ偶然見つけて私もびっくりしたー!最初偽物げるしーかと思ったけどあれ本人なのね(^O^)もーほんとライブが観たいーーー!!!

2012-11-16 (金)

[]マイフレッシュさん!

最近、お友達に教えてもらってから、そのポップさとネーミングで

じわじわと私の中に「好き度」が上がっているバンド!!!

「N'夙川BOYS 」がキテますよー!!朝取りレタスのようにフレッシュ!


曲ごとに好き勝手に3人が楽器を変えて演奏するとか、

男2人はキンブラメンバーだよとか、経歴はどっかに書いてあるだろうから、

ざっと省略!!

まあとにかく、シンプル!フレッシュ!そして一度聴いたら

すごく耳に染みて脳内ループするメロディ!!

曲が素晴らしいのよ!!!ここが一番チカラ入れて言うけど!!

メロディが素晴らしく、キャッチーで

どっかノスタルジックを感じさせる感じ。そしてとても自由!

なんか、初めてクラッシュを聴いた時の、このメロディアスな衝動は

なんなんだ!?って感じを、このバンドにも感じるんだけどー。

それと、ワタクシ的ツボは、この目の周りが黒い男子の名前が

「マーヤ・ラヴ」ってこと。この「マーヤ・ラヴ」って言葉の響きが

めちゃめちゃチャーミングで、生まれ変わったらこの名前になりたい!

って思うんだわーー。いいなーワタシもマーヤ・ラヴって名乗りたい!!


最近出た1stアルバム、(☆∀☆)キラキラ宝箱のようだよ。

24HOUR DREAMERS ONLY! [初回限定盤](DVD付)

24HOUR DREAMERS ONLY! [初回限定盤](DVD付)

こじゅこじゅ2012/11/17 19:27久々に覗かしていただいたら、夙ボのこと書いてくれてるじゃないですか~!うれしいっす☆彡
明日のライブも、よろしくお願いします(^^♪

kikumimiariarikikumimiariari2012/11/18 04:04おお!夙ボって言うのね(*゚▽゚*)いやー中毒性高いよーこの天才的メロディラインは~!教えてくれてありがと!!明日は何が聴けるか楽しみね。